大規模な災害が発生すると、公共交通機関が運行を停止し、自宅へ帰ることが困難になることが予想されます。
 しかし、災害発生時に多くの人が一斉に徒歩で帰宅を始めると、火災や沿道の建物からの落下物などにより負傷する危険があるばかりでなく、災害時に優先されるべき救助・救急活動の妨げとなります。

災害発生時には「むやみに移動を開始しない」

〇 まずは自分の身の安全を確保しましょう。
〇 職場や集客施設等の安全な場所にとどまりましょう。
〇 災害用伝言サービスにより家族の安否や自宅の無事を確かめましょう。
  (「災害発生時には災害用伝言サービスの活用を」参照)
〇 交通情報や被害情報などを入手しましょう。
 

日頃から準備しておきたいこと

〇 携帯ラジオや地図を持ち歩きましょう
〇 職場などに歩きやすいスニーカーや懐中電灯、手袋、飲料水や食糧などを用意しておきましょう。
〇 事前に家族などと、発災時の安否確認の方法や集合場所を話し合っておきましょう。
〇 徒歩やバスにより帰宅経路の状況を確認しておきましょう。

徒歩帰宅支援者の取り組み

 九都県市(千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市)では、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンド等と徒歩帰宅支援に関する協定を締結しています。
 これらの店舗では、災害発生時に水道水やトイレの提供のほか、道路交通情報などを可能な範囲で提供して頂けます。
 こうした店舗には、「災害時帰宅支援ステーションステッカー」が掲示されていますので、日頃から帰宅経路の店舗の場所を確認しておくと安心です。
 
                                              
お問い合わせ
千葉県警察本部 警備課  電話番号:043-201-0110 (代表)