援助・救済制度について

犯罪被害給付制度

殺人等故意の犯罪行為により、死亡された被害者のご遺族や、重傷病を負い、若しくは障害が残ることとなった被害者に対して、国が犯罪被害者等給付金を支給する制度です。

給付金には、ご遺族に支給される遺族給付金と被害者本人に支給される障害給付金、重傷病給付金とがあります。

(注意)平成20年7月1日から、重傷病給付金などの給付金額の引き上げなど、制度の改正が図られました。

 
千葉県警察本部警務課犯罪被害者支援室
電話番号:043-201-0110 内線番号:2702
 

犯罪被害給付制度について詳しくはこちら

民事上の損害賠償要求制度

犯罪の被害に遭われた方は、民事上の不法行為の規定に基づき加害者などに対して財産的損害、精神的損害の賠償請求を行うことができます。

なお、この制度は刑事手続きとは別のもので警察は直接関与することができません。

 
千葉県弁護士会法律相談センター
電話番号:043-227-8954

千葉県庁県民センター
電話番号:043-223-2249 内線番号:2250

暴力団犯罪に対する民事訴訟支援制度

暴力団員を相手に損害賠償請求の民事訴訟を起こす際には、訴訟費用等の貸付を受けることができる場合があります。

 
公益財団法人 千葉県暴力団追放県民会議
電話番号:043-254-8930

税法上の救済制度

本人又は配偶者などのご家族が、犯罪等により負傷して医療費を支払ったり、障害者になったりあるいは死亡した場合には、税法上の各種控除が認められる場合があります。

 
最寄りの税務署

福祉制度

犯罪の被害により収入がなくなったり、減少したことから生活に困っている方に対して困窮の程度に応じて、生活扶助、住宅扶助、医療費扶助等の生活保護制度があります。

 
お住まいの市町村の福祉担当窓口

カウンセリング制度

被害者やそのご遺族が、強いショックを受け、不安でたまらなくなったり、気持ちをうまくコントロールできなくなったりして悩んでいる場合に、面接によるカウンセリングを行う制度があります。

千葉県警察では、犯罪被害者支援に係る教養素材DVDを作成しています。

教養DVDはこちら

カウンセリングの目的

事件や事故に巻き込まれた被害者やそのご遺族の精神的悩みなどの緩和や軽減を図るため、面接による相談に応ずるものです。

千葉県警察犯罪被害カウンセラーチームによるカウンセリング

専門的な資格や知識を持った女性職員による「千葉県警察犯罪被害カウンセラーチーム=通称ACT(アクト)」を設置しています。一人で悩まず、事件を担当した警察官に「アクトの人をお願いします。」と声をかけてください。警察施設以外の場所でも面談できます。

お問い合わせ
千葉県警察本部 警務課  電話番号:043-201-0110 (代表)