千葉県個人情報保護条例の仕組み

条例の目的(条例第1条)

  • 個人の権利利益を保護すること
  • 県政に対する信頼を確保すること

(注意)この条例の目的を達するため、次のとおり県民の権利や実施機関の責務等が定められています。

県民の責務、権利

  • 自己の情報を守り、他人の権利利益を侵害しないよう努めなければなりません(条例第5条)
  • 自己の情報に関する権利などが保障されます(開示請求・訂正請求・利用停止等請求等)

実施機関の責務

  • 個人情報の収集、保管、利用の状況を明らかにするため、個人情報取扱事務登録簿を作成・公表し、一般の閲覧に供しなければなりません(条例第7条)
  • 個人情報を収集するに際しては、個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、目的達成のために必要な範囲内で、適法かつ公正な手段により行わなければならないなど、個人情報を収集する際に様々な制限を課しています(条例第8条)
  • 実施機関が保有する個人情報の正確性・安全性を確保する対策を講ずべき責務を課しています(条例第9条)
  • 原則として、収集した個人情報を収集した事務の目的以外の目的のために利用・提供してはならない責務を課しています(条例第10条)

など

お問い合わせ
千葉県警察本部 広報県民課  電話番号:043-201-0110 (代表)