交通管制センター

交通管制センターの役割は大きく分けて、交通流の効率的な管理と交通情報の効果的な活用の2つがあります。車両感知器やテレビカメラなどで、たくさんの交通情報を収集し、交通の安全と円滑化あるいは交通情報の提供などの役割をはたしています。

交通渋滞・交通障害等の収集と交通情報の分析

交通渋滞や交通障害等の情報は、県内はもちろん、隣接都県の交通状況についても確認できます。送られてきた情報をコンピュータにより、瞬時に計算・分析・判定し、大型情報表示板に表示します。表示内容は5分ごとに更新されます。

交通状況表示板

大型情報表示板により県内主要交差点の交通渋滞状況を表示させたり、多目的マルチ板に様々な情報を任意に表示させさせることが可能です。また、交通規制情報、道路工事情報などその他交通の参考となる情報も合わせて表示させることができます。

交通信号の制御

コンピュータによる混雑度の判定に従って、交通信号機の青秒数をコントロールし、車の流れをスムーズにします。

コンピュータ室

交通管制システムの頭脳の役割を果す部分で信号制御系と交通情報系で構成されています。

信号制御系

信号制御系コンピュータは、車両感知器から送られてくる交通情報を分析処理し、その時の交通状態を改善する制御パターンを決定します。この制御パターンに従い通信装置を介して点灯指令を各信号機に送ります。

交通情報系

交通情報系コンピュータは、信号制御系の交通情報をもとに路側通信(交通情報ラジオ)の放送文やフリーパタン式情報板の文章を自動編集するとともに、他の情報板の表示パタンを自動選択し、通信装置を 介して最新の交通情報を、それぞれの情報提供装置に送ります。さらに分析した交通情報を、交通情報板やラジオなどでドライバーに自動的に提供します。また、光ビーコンにより通過車両情報を収集しコンピューターに送るとともに、VICS情報をカーナビゲーションに提供しています。なお、収集された交通情報についてはコンピュータに蓄積し、交通事故防止対策等に活用しています。

これらの情報に基づき、交通信号機を最適にコントロールするとともに、最新の交通情報をドライバーに提供することにより、安全で快適な交通環境を実現します。年々進展する車社会において、交通管制センターの役割は重要になる一方です。

放送室

テレビ、カーラジオを通じて最新の交通情報をドライバーに知らせます。また、電話による交通状況の問い合わせにお答えします。

交通管制卓

交通管制システム全体の運用操作を一つのキーボードから操作できます。

交通管制システムによる効果

交通渋滞の緩和
交通状況に応じて、交通信号機を的確に制御することにより渋滞を緩和し、交通情報板や所要時間情報板等で適切な交通情報を提供することにより、ゆとりのある運転ができます。
交通事故の減少
車の流れがスムーズになるとともに、特定地点までの所要時間が表示される情報板等によって、いらいら運転による交通事故が減少します。
交通公害の抑制
渋滞や混雑等に起因する車の停止回数が少なくなるため、停止、発進時に排出される排気ガスや騒音が減少し、交通公害の発生を抑制 します。
省エネルギーと環境の保護
車の走行がスムーズになるため、目的地までの時間が短縮され、燃料が節約されるため、省エネルギーに貢献するとともに環境の保護にも大きく寄与しています。
交通管制センターの見学についてはこちら
お問い合わせ
千葉県警察本部 交通規制課  電話番号:043-201-0110 (代表)