平成30年中の高齢者交通死亡事故発生状況 (詳細)

PDFファイルでの閲覧はこちら

1 月別死者数

月別死者数では、1月の15人(15.5%)が最も多くなっています。
 

月別死者数

2 地域別死者数

地域別死者数では、交通事故で亡くなられた高齢者の方は、東葛飾・葛南の32人(49.2%)が最も多くなっています。

高齢死者数の割合が高いのは、長生・夷隅で7割を超えています。
 

地域別死者数

3 状態別死者数

状態別死者数では、歩行中の事故で亡くなった方が、高齢死者97人中41人(42.3%)と最も多く、次いで四輪乗車中27人(27.8%)、自転車乗車中20人(20.6%)、二輪乗車中9人(9.3%)の順となっています。

また、歩行中41人のうち32人(78.0%)が、道路横断中の事故で亡くなっています。
 

状態別死者数
状態別死者数

4 事故類型別死者数

事故類型別死者数では、車両相互が最も多く、全体の約4割(41人、42.3%)を占めています。
 

事故類型別死者数

5 歩行中、自転車乗車中死者の自宅からの距離

歩行中、自転車乗車中死者の自宅からの距離は、自宅から500メートル以下(50メートル以下、100メートル以下及び500メートル以下を含む。)が、61人中45人と7割以上(73.8%)を占めています。
 

歩行中、自転車乗車中死者の自宅からの距離

6 交通事故の発生時間

交通事故の発生時間は、死者数は16時~18時が最も多く、負傷者数は10時~12時が最も多くなっています。
 

交通事故の発生時間

7 通行目的別の死者数

通行目的別の死者数では、買物が21人で、全体の2割以上(21.6%)を占めています。
 

通行目的別の死者数

8 シートベルト着用の有無

シートベルト着用の有無では、四輪乗車中の事故で亡くなった方の4割以上(27人中11人、40.7%)がシートベルトを着用していませんでした。
 

シートベルト着用の有無

お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)