千葉県留置施設視察委員会の活動状況

千葉県留置施設視察委員会の設置

シーポックのイラスト画像

平成19年6月1日施行の「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、留置施設の運営についての透明性を高め、被留置者の適正な処遇を確保するため、その運営に関し意見を述べる部外の第三者機関として「千葉県留置施設視察委員会」が設置されています。

設置の目的

千葉県警察の区域内にある留置施設の視察や被留置者との面接などを通じて、留置施設の実情を的確に把握した上で、地域住民の代表として意見を述べることによって、留置施設の運営の改善向上に資することを目的としています。

委員会の組織等

  1. 千葉県留置施設視察委員会は、8人の委員で組織されており、身分は千葉県公安委員会が任命する非常勤の特別職の地方公務員になります。
  2. 委員は地域住民のほか弁護士等の法律関係者、医師、地方公共団体の職員等で構成されています。
  3. 委員の任期は1年で毎年度交替しますが、同じ委員を3回まで再任することができます。
  4. 警察では、委員の私生活への影響等を考慮し、氏名、住所、職業その他委員個人の情報は公開していません。

平成28年度の活動状況

お問い合わせ
千葉県警察本部 留置管理課  電話番号:043-201-0110 (代表)