第7回目活動紹介

野田市立南部中学校

野田市立南部中学校の生徒と、地域安全パトロール隊(警察本部が警備業者へ委託し防犯活動を行なうパトロール隊)、警察署員が連携して広報啓発活動を行ないました。東武野田線梅郷駅周辺にて駐輪場利用者に対し、ツーロックの呼び掛けとワイヤー錠の配布を行なうとともに、ひったくり防止の呼び掛けも行ない、防犯意識をより一層高めました。

広報啓発活動の様子1
広報啓発活動の様子2

習志野市立習志野高等学校

駐輪場でのワイヤーロックの取り付け

毎月15日の「スマートサイクルちば」の実施に併せて、習志野市立習志野高等学校の生徒、教諭と警察署員が連携して、校門前での自転車防犯診断や、駐輪場でのワイヤーロックの取り付けを実施し、二重ロック推進活動を実施しました。

千葉県立銚子高等学校

キャンペーンの様子

千葉県立銚子高等学校の生徒、教諭と警察署員が連携し、自転車盗抑止キャンペーンを実施しました。自転車通学者に対して、啓発チラシの配布や、鍵の設置状況、防犯登録の有無などの防犯診断を実施し、自転車通学者の防犯意識を向上する取組を行ないました。

お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)