第15回目活動紹介

西武台千葉中学校・高等学校

西武台千葉中学校・高等学校では、自転車安全委員会という生徒主体の委員会を設け、毎月1回自転車の安全運転や整備に関する活動を行っています。
 また、春と秋の年2回、安全委員会による自転車利用者全員を対象とした「自転車一斉点検」を行っており、春に実施した一斉点検(5月9日から5月13日)では、野田署から提供されたワイヤー錠を配布しました。他にも、美術部が防犯ポスターを作成し、校内に掲示するなどして、様々な自主防犯活動を行っています。

城西国際大学

城西国際大学では、昨年大学内の駐輪場で自転車の盗難が多発したことから、ツーロックを呼び掛けた自転車盗難防止チラシにラミネートをかけた看板を作成し、校内に掲示しました。
 この活動に参加した城西国際大学の学生からは「この看板を見て、無施錠の駐輪が減り、盗難に遭わないようにしてもらいたい」などの声が聞かれました。

千葉県立茂原高等学校

茂原高等学校では、自転車利用者へツーロックを普及させるなどの自主防犯意識の高揚を図るため、茂原署からチェーン錠210個の提供を受けました。
 また、茂原署管内での自転車盗難の発生状況等の情報を提供し、学校が主体となった自転車盗難対策への取り組みの協力要請を実施しました。

お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)