第17回目活動紹介

銚子市立銚子高等学校

銚子市立銚子高等学校の活動状況

銚子署が自転車盗難対策推進モデル校に指定した「銚子市立銚子高等学校」では、自転車通学者に対し施錠の有無を確認するなどの防犯診断を毎月実施し、鍵を1つしかかけていない学生にはツーロックをするよう声掛けを実施しました。
 そのほかにも、銚子高等学校生徒会の学生らとともに、自転車盗難防止にかかるチラシを配布し、署員と自転車盗難対策推進モデル校の学生が協力して自転車盗の抑止活動を推進しています。

千葉県立柏中央高等学校

千葉県立柏中央高等学校の活動状況

柏署が自転車盗難対策推進モデル校に指定した「千葉県立柏中央高等学校」では、利用者の多い柏駅構内において、盗難防止を呼び掛けるためのチラシやティッシュ等の広報啓発物(約1,000個)を駅利用者に配布しました。
 参加したモデル校の学生からは、「自分もしっかり鍵をかけたい。」との声が聞かれ、防犯意識の向上に繋がりました。

学校法人長戸路学園横芝敬愛高等学校

学校法人長戸路学園横芝敬愛高等学校の活動状況

山武署が自転車盗難対策推進モデル校に指定した「学校法人長戸路学園横芝敬愛高等学校」では、同校の生徒会を自転車ツーロック推進委員に指定し、推進委員と共にワイヤー錠を配布してツーロックの呼び掛けを行いました。
 また、自転車通学者(1年生122人)に対し、自転車の防犯診断を実施しました。
 学生からは、「ツーロックを意識して被害に遭わないようにしたい。」等の声が聞かれ、取り組みの効果がうかがえました。

お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)