暴力団の情勢

1.暴力団の勢力

(1)全国の情勢

全国の暴力団勢力は、平成8年から平成16年にかけては、緩やかに増加してきましたが、その後は減少傾向にあります。平成28年末現在の全暴力団勢力は約39,100人で、前年に比べ約7,800人減少しています。

このうち暴力団構成員の数は約18,100人で、前年に比べ約2,000人減少し、準構成員等の数は約20,900人で、前年に比べ約5,900人減少しています。

また、主要団体(六代目山口組、神戸山口組、住吉会及び稲川会)の勢力は約28,300人(うち構成員13,300人)で、全暴力団勢力の約72.4%を占めています。

しかしながら、全勢力の半数弱を占めていた六代目山口組の分裂に伴い、一極集中の状態に変化が生じています。

 

 

 

(2)千葉県の情勢
千葉県内の主な暴力団の活動地域の図

千葉県の暴力団勢力は、平成28年末現在で約1,420人(構成員約680人)となってい ます。

最大勢力は住吉会、次いで稲川会、双愛会となり、3団体で全勢力の約72.5%を占めて います。

これら暴力団は、それぞれ縄張りを主張して活動していますが、県内の主な暴力団の活動地域は右図のとおりです。

2.暴力団犯罪の現況

(1)全国の現況

平成28年における暴力団構成員等の検挙人員は20,050人で、前年に比べ1,593人減少しています。

このうち構成員の検挙人員は4,612人で、前年に比べ23人増加しています。

全国の罪種別検挙人員のグラフ

(2)千葉県の現況

平成2 8 年における暴力団構成員等の検挙人員は9 3 6 人で、前年より7 5 人 減少しています。

また、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づき、暴力団組織 の威力を背景とした暴力的要求行為等に対して発出した行政命令の件数は9 0 件で、前年より1件減少しています。

千葉県の罪種別検挙人員のグラフ

3.暴力団犯罪の事例


お問い合わせ
千葉県警察本部 捜査第四課  電話番号:043-201-0110 (代表)