県下各地の状況

県下では、台風15号の災害に便乗した、

  •    悪質商法や、損壊した建物を狙った盗難事件等
 が発生しています。
 

県警では、被災地の警戒を重点的に行っておりますが、外出時は必ず戸締りをし、ご近所同士で声を掛け合うなど、地域ぐるみでの注意もお願いします。

 

今後発生が予想される犯罪について

災害に便乗した悪質商法も発生しています!

台風15号の被害に関連して、市役所や警察を名乗る電話de詐欺、住宅の修理に便乗した悪質商法や被害支援を装った詐欺の電話等が予想されます。



【例】
  •  〇 被災者宅に押しかけ勝手に工事
     突然訪問してきて、「屋根が壊れているからすぐに修理しますよ。」などと依頼もしていないのに勝手に工事を行い、高額な料金を請求する。
  •  〇 無料点検で不安をあおり工事を契約
     「市役所(保険会社)の依頼で無料の調査をしている。」などと家屋調査を行い、「修理がすぐに必要。今やらないと大変なことになる。」などと不安をあおり、工事を契約させる。
  •  〇 応急措置のみで現金を受け取り音信不通
     ブルーシートで応急措置のみを行い工事代金を受け取り、「正規の工事は後日となる。」といって立ち去り、以後連絡が取れなくなる。
 

このような勧誘等の電話や訪問への対策として

  •  〇 自宅の電話は留守番設定にしておき、もしも電話に出た場合でも、家族に相談する
  •  〇 業者から修理の勧誘等があった場合は、すぐに契約せず、家族に相談し、「おかしい」と思ったら警察に相談する
などの慎重な対応をお願いします。

防犯用チラシはこちら(PDF形式:145KB)

悪質商法の詳しい情報についてはこちら

台風被害に便乗した悪質業者の検挙

 県警では、台風15号の被害を受けた千葉市の住宅の屋根を「次の台風が来ている。今やらないと。」等と強引に契約・修理し、高額な修理費を支払わせた悪質な業者を逮捕しました。

不審者の目撃情報や不審な勧誘があった場合は、すぐに通報・相談をしましょう。

最寄りの警察署について、詳しくはこちら
相談サポートコーナーについて、詳しくはこちら
お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)