乱用される薬物の種類

乱用される薬物の種類

薬物は、それを乱用する人間の精神や体をボロボロにし、人間が人間としての生活を営むことをできなくするだけでなく、場合によっては死亡することもあります。また、薬物乱用による幻覚、妄想が、殺人や放火等の凶悪な犯罪や交通事故を引き起こすことがあるなど、乱用者本人のみならず、周囲の人、さらには社会全体に対しても取り返しのつかない被害を及ぼしかねないものです。

こうしたことから、覚せい剤、麻薬等の薬物の使用、所持などは法律により厳しく禁止されています。

麻薬って?

「麻薬」という言葉は、厳密な意味での医学用語ではありません。一般的には、次の2つの概念にわけることができます。

1つめは、「魔薬」の意味で使われるもので、覚せい剤、大麻等の依存性のある薬物のすべてを含んだひろい概念のものです。

2つめは、我が国の麻薬及び向精神薬取締法にいう「麻薬」です。これは大別すると、次の3つに分類されます。

これは大別すると、次の3つに分類されます。

麻薬の大別
あへん系アルカロイド系麻薬 あへんに含まれる成分であるアルカロイド
及びそれを原料として科学的に合成される物質
モルヒネ・ヘロインなど
コカアルカロイド系麻薬 コカの葉に含まれる成分であるアルカロイドコカインなど
合成麻薬 科学的に合成される物質
LSD、MDMA、PCPなど

日本では、薬物を取り締まる主な法規として、麻薬及び向精神薬取締法、覚せい剤取締法、大麻取締法、あへん法、毒物及び劇物取締法及び薬事法があります。

一般に、麻薬というと「魔薬」という広い概念で認識している人が多くみられますが
  • 覚せい剤は、覚せい剤取締法
  • 大麻は、大麻取締法
  • あへん、けし等はあへん法
  • シンナー等は、毒物及び劇物取締法
と規制対象となる薬物がそれぞれの法律で定められており、法律上は麻薬と明確に区別されています。
乱用される薬物の種類
薬物名
(薬物名のリンクから詳細ページへ移動します)
中枢神経への作用 規制
覚せい剤 興奮 覚せい剤取締法
大麻 抑制 大麻取締法
コカイン 興奮 麻薬及び向精神薬取締法
ヘロイン 抑制 麻薬及び向精神薬取締法
あへん 抑制 あへん法
LSD 興奮 麻薬及び向精神薬取締法
MDMA・MDA   麻薬及び向精神薬取締法
向精神薬   麻薬及び向精神薬取締法
有機溶剤 抑制 毒物及び劇物取締法
その他の薬物    
アルコール 抑制 未成年者飲酒禁止法
たばこ(ニコチン) 興奮 未成年者喫煙禁止法

乱用の恐怖(PDF形式:871KB)

様々な薬物の画像

お問い合わせ
千葉県警察本部 少年課  電話番号:043-201-0110 (代表)