千葉県警察の組織について

Q 県警の職員数はどのくらいですか?
A

警察本部と県内39の警察署で構成されており、平成28年4月1日現在、警察官約11,500人、一般職員約1,100人で職員の合計は約12,500人です。

Q 県警の女性警察官数はどのくらいですか?
A

平成28年4月1日現在、約1,000人です。交番、刑事、鑑識、交通取締りなど様々な部門で活躍しています。

Q 警察官と警察事務職員の仕事はどのような内容ですか?
A

警察官は、個人の生命、身体、財産の保護、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締り、その他公共の安全と秩序維持の任務に従事します。

警察事務職員の仕事は、警察署での遺失拾得などの窓口業務のほかに、警察本部での人事や組織管理、会計や給与、情報管理、装備品の調達、福利厚生などの事務に従事します。警察活動を支える大切な仕事です。

採用試験関係について

Q 警察官採用試験の内容はどのようなものですか?
A

一次試験では、五肢択一式による教養試験が45問、論文、作文試験及び体格・体力検査(女性については二次試験で検査を実施)が行なわれます。

二次試験では人物試験(口述試験・適性検査)、身体検査等が行なわれます。

試験の配点は下記のとおりとなっており、一次試験で行なわれた論文、作文試験は二次試験時に反映されます。最終合格は、二次試験の結果に基づき決定し、一次試験の成績は反映されません。

試験職種

警察官A・B
第1次試験
  • 教養試験 100点
  • 資格加点 5点
第2次試験
  • 論文、作文試験 100点
  • 人物試験 300点

(平成28年度試験の配点基準)

Q 警察事務職員採用試験の内容はどのようなものですか?
A

一次試験では、五肢択一式による教養試験が50問、五肢択一による専門試験(中級のみ)が40問、論文、作文試験が行なわれます。体格・体力検査はありません。

二次試験では人物試験(口述試験・適性検査)、身体検査等が行なわれます。

試験の配点は下記のとおりとなっており、一次試験で行なわれた論文、作文試験は二次試験時に反映されます。最終合格は、二次試験の結果に基づき決定し、一次試験の成績は反映されません。

試験職種

中級(警察事務)
第1次試験
  • 教養試験 100点
  • 専門試験 100点
第2次試験
  • 論文、作文試験 100点
  • 人物試験 400点
初級(警察事務)
第1次試験
  • 教養試験 100点
  • 専門試験 実施しません
第2次試験
  • 論文、作文試験 100点
  • 人物試験 400点

(平成28年度試験の配点基準)

Q 県外においても採用試験を実施しているのですか?
A

県警では、全国から優秀な人材を確保するため「県外共同試験」という他県警と共同で行なっている試験制度(女性警察官を除く)があります。

受験者は、県外共同試験に加わっている各道県で受験することが可能であり、県内で実施する試験との基準に変わりはありません。

(注意)平成28年度実施県
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

Q 千葉県以外の出身者が採用や勤務上の待遇などで不利になることはあるのですか?
A

個人の出身地によって不利になることはありません。県警では多くの県外出身者が勤務しており、幹部として登用されている人も多くいます。

県外出身者数をまとめた地図の画像
Q 採用試験で有利になる資格はありますか?
A

一次試験にて資格加点制度を導入しています。

主な資格

  • 柔道二段以上(講道館認定)
  • 剣道二段以上(全日本剣道連盟認定)
  • 日商簿記二級以上
  • 情報処理技術者試験(経済産業省認定の国家試験)合格者
  • 語学 英語(英検 2級以上 TOEIC 470点以上等)

ほか

(注意)詳しくは、受験案内にて確認してください。

Q 採用試験のためにどのような勉強をすればよいのですか?
A

市販の参考書、問題集などを参考に勉強することや、日頃から新聞等に目を通して一般的な社会常識や知識を身につけておくことも大切です。また、警察官採用試験には体力検査がありますので、基礎体力作りに努めておきましょう。

Q 四年制大学を卒業見込みの人がB区分で受験できますか?
A

受験することはできません。「学校教育法に規定する大学(短期大学を除く)を卒業した者、又は卒業見込みの者」以外の人がB区分の受験資格を有します。

Q 民間企業からの転職を考えていますが、採用や待遇で不利になることはありますか?
A

社会人としての経験は決して不利にはなりません。人生の経験も視野も広くなり、警察官としての活動にプラスとなるはずです。採用後の昇任は公平な実力主義の試験により行なわれ、また、民間企業等での勤務年数は一定の基準により換算され、初任給への格付けに反映されます。

警察学校について

Q 採用後の研修(警察学校入校)はどのような内容ですか?
A

警察官に採用されると、千葉県東金市に所在する警察学校に初任科生として入校します。全寮制の集団生活の中で、警察活動の基本となる知識、技能を身につけ、気力、体力を養います。

また、警察学校を卒業後も、採用時教養システムにより一人前の警察官になるまでサポートが続きます。

警察学校1日のスケジュールの画像
Q 武道(柔道・剣道)の経験がなくても大丈夫ですか?
A

警察学校では、柔道か剣道のどちらかを選んで訓練を行ないます。専門教官が基礎から丁寧に指導するため、初めての方でも心配することはありません。武道や日々のトレーニングを通じて、強い心と体が自然と身につきます。

Q 訓練は厳しいと聞いていますが、大丈夫ですか?
A

警察官の仕事は危険を伴うこともあるので、事故防止のため、逮捕術・救急法などさまざまな現場を想定した教育・訓練を行なっています。厳しい面もありますが、犯人を制圧・逮捕したり、災害現場で救助に当るためには、体力だけではなく、必要な技術も身につけなければなりません。教育・訓練については、基礎から行ない、無理なく身に付けられるカリキュラムになっています。

Q 警察学校の寮はどうなっていますか?
A

警察官としての規律を身につけるため、男性は原則として8人部屋、女性は女性専用の寮でそれぞれ集団生活を送ることになります。最初は緊張するかもしれませんが同じ志を持った仲間と共に生活することで友情や連帯感が芽生えてきます。

Q 警察事務職員には採用時の研修はあるのですか?
A

警察職員として必要な基礎知識や心構えなどを学ぶため、警察学校で全寮制による研修を約1か月間行ないます。研修の内容は警察官と異なりますが、規則正しいタイムスケジュールは同じです。

仕事・勤務体制等について

Q 警察学校卒業後は、どのような勤務に就くのですか?
A

原則として千葉県内の各警察署に配属となり、地域課(交番)で勤務することとなります。

Q 仕事中、危険なことはありませんか?
A

警察官は、災害現場での救助活動や、犯人と対峙するような危険が伴う現場で活動することもありますが、必ず組織(複数の警察官)で対応することで危険性を低くすることができます。

また、日頃から安全を確保するための知識・技能などの教養・訓練を実施し、各種装備を充実させ、安全面での配慮も十分に行なっています。

Q 勤務時間はどのようになっていますか?
A

勤務時間は、休憩時間を除き、1週間あたり38時間45分です。警察本部、警察署で勤務する職員のうち、通常、毎日勤務員は原則として月曜日から金曜日が勤務日で土日祝日が休みになります。交替制勤務員は、当番(24時間勤務)・非番・休みの繰り返しで、月に、1・2回の日勤勤務(午前8時30分~午後5時15分)が基本的な勤務形態です。

通常勤務
(警察学校の学生等)
  • 勤務 午前8時30分~午後5時15分(7時間45分)
  • 週休 毎週土曜日・日曜日
毎日勤務
(署の捜査員等)
  • 勤務 午前8時30分~午後5時15分(7時間45分)
  • 週休 4週8休(主に土曜日・日曜日)
交替制勤務
(交番勤務員等)
  • 勤務 午前8時30分~翌日午前8時30分(15時間30分)
  • 週休 3週6休(当番・非番・休み(又は日勤)の繰り返し)
Q 休みはどのようになっていますか?
A

通常の休日のほか、年間20日の年次休暇(翌年に繰り越した場合最高40日)のほかに冠婚葬祭、夏季の特別休暇等があります。休日には、各自が旅行・スポーツ・資格取得など有意義に時間を使っています。しかし、仕事の性質上、予測できない事件・事故や災害が発生した場合のために連絡先を明らかにすることを義務付けています。

Q 希望の部署を選ぶことはできますか?
A

警察官は警察学校を卒業すると、警察署の交番で勤務します。ここで警察実務の基礎を学び、経験を積んだ後、本人の希望、職務実績、適性などを考慮し、刑事や白バイ乗務員などの専門分野へ進む機会が与えられます。自分の努力次第で希望がかなうチャンスが全員にあるといえます。

警察事務職員は警察学校卒業後、警察本部又は警察署に配属され、それぞれの部署で勤務することになります。

Q 勤務地や転勤(人事異動)はどのようになっていますか?
A

勤務地は千葉県内の警察署または警察本部です。転勤(人事異動)は職員の希望や実績、家庭環境などを考慮し、職員の意欲と公務能率の向上を目的として定期的に行なわれています。また、本人の希望、努力次第では海外勤務(在外公館勤務)や他官庁への出向(警察庁、千葉県庁等)があります。

Q 特技、資格を仕事に活かすことはできますか?
A

警察の仕事は多種多様であるため、あなたの持つ専門的な知識や能力を活かすことができるフィールドがたくさんあります。また、警察では複雑・多様化する犯罪に対応するために、専門的な知識を持つ人や特殊技能を持つ人などを広く求めています。

Q 私生活でも規律が厳しそう?
A

誇りと使命感が必要とされる「警察職員」という立場上、私生活においても自覚ある行動が求められますが、社会人であれば、誰もが責任ある行動を求められるのと同じです。

Q 女性にとって働きやすい職場ですか?
A

昇任や職種、待遇などで男女の差はありません。女性警察官の採用、登用は拡大されており、女性の特性を活かした分野も多くありますので、女性の役割は重要になっています。

また、採用されて間もない職員を、先輩女性警察官がサポートする制度もあり、安心して勤務できる環境です。

Q 将来、結婚・出産しても仕事を続けられますか?
A

育児支援制度が充実しており、仕事と家庭を両立させている先輩がたくさんいます。

育児支援制度

  • 出産予定前後8週間の産前・産後休暇
  • 子供が3歳になるまでの育児休業制度
  • 小学校就学前までの育児短時間勤務制度 など
Q 初任給はどのくらいですか?
A

初任給は平成28年4月現在で下記のとおりとなっています。

  • 警察官(大学卒)約236,400円
  • 警察官(短大卒)約220,600円
  • 警察官(高校卒)約200,700円
  • 警察事務職員(中級)約177,800円
  • 警察事務職員(初級)約162,400円

(注意)上記金額は地域手当9%を含めた額です。

【参考:警察官の給料表】

A区分
  • 給与 大学卒
  • 入校時の初任給 236,421円
  • 入校一年後の平均月収 約325,000円
B区分
  • 給与 短大卒
  • 入校時の初任給 220,616円
  • 入校一年後の平均月収 約304,000円
  • 給与 高校卒
  • 入校時の初任給 200,778円
  • 入校一年後の平均月収 約280,000円
Q キャリアアップはどうなっていますか?
A

警察官の昇任は、学歴重視や年功序列ではなく、公平な競争試験や日頃の勤務成績などによる選考で実施されます。本人の努力次第で、キャリアアップできる実力本位の制度になっています。

警察官の昇任制度
警察事務職員の昇任・昇格は、経験年数と勤務成績等を考慮した選考考査により行われます。
警察事務職員の昇任・昇格制度
Q A区分採用とB区分採用で何か違いはありますか?
A

採用時教養期間(警察学校の入校等)の長短の差はありますが勤務内容に違いはありません。また、B区分での採用(新卒)後の4年間の勤務経験と、A区分受験者の大学4年間の学業が同一の経験年数に換算されるなど、昇任や給与については一定の経験年数で同一となり、採用区分による差はなく、それぞれのキャリアプランに対応できる制度となっています。

Q どのような研修制度があるのですか?
A

教養の充実に主眼を置き、部外講師を招いて新知識の習得を図るなどの研修を行なっています。また、国際化時代に対応した語学研修や小型船舶操縦士、潜水士など、職務に必要な各種資格を取得する制度、通信教育などによる自主的な資格取得を支援する制度などで警察職員の資質の向上へのバックアップを行なっています。

Q 他機関への派遣や海外勤務はあるのですか?
A

本人の能力に応じ、警察庁や県庁などに出向・派遣されることもあります。また、警察官は、実力次第で外務省に出向し、世界各国の大使館等で勤務するチャンスもあります。

福利厚生について

Q 休日・休暇・育児休業制度等はどうなっていますか?
A

通常の休日の他、年間20日の年次休暇(翌年に繰り越した場合最高40日)の他に冠婚葬祭、夏期の特別休暇等があります。休日には、各自が旅行・スポーツ・資格取得など有意義に時間を使っています。また、出産予定前後8週間の産休、子供が3歳になるまでの育児休業制度が整備されています。さらに、子供が小学校に就学するまでの短時間勤務(育児短時間勤務制度)等子育てをしやすい環境を整えています。

年次休暇
年間20日間(繰越しにより最高40日間)
特別休暇
夏季休暇
6日間(一の年度の6月から9月までの夏季期間)
職員の結婚
連続する7日間以内
つわり休暇
14日以内
(つわり等妊娠障害により勤務が著しく困難な時)
出産(女性)
出産予定日以前8週間、産後8週間
男性の育児参加
7日間以内勤務時間及び週休
(出産予定日前、産後の8週間における育児等)
育児休暇
1日2回までの時間休暇
(3歳未満:計60分、1歳半未満:計120分)
休業等
育児休業
子供が3歳になるまで取得可能(男性・女性)
育児短時間勤務
数パターンの短時間勤務の中から選択勤務時間及び週休(小学校入学前まで)

(注意)これらは一部の例示であり、このほかにも生活を充実させるための様々な制度があります。

Q 職員住宅や独身寮は、どのようになっていますか?
A

県内各所に職員住宅や独身寮が多数設けられています。入居希望者は一般住宅と比べ低額な料金で入居できるようになっています。また、通常の賃貸物件に住む場合でも住居手当てが一定額支給され、職員個々の環境に応じた柔軟な制度になっています。

Q 健康管理などはどのようになっていますか?
A

病気やけがをした場合には、共済組合保険制度により、一定の負担で治療が受けられます。また、全職員を対象に、毎年1回の定期健康診断を実施するとともに、各種相談体制を整えるなど、心と体の健康管理をサポートしています。

Q クラブ活動などはありますか?
A

職員の健康増進と趣味等を生かしたスポーツや文化活動を幅広く行なっています。

お問い合わせ
千葉県警察本部 警務課  電話番号:043-201-0110 (代表)