設置の趣旨

交通事故を抑止するためには、交通事故原因を科学的、総合的に調査分析し、これを施策に反映することが重要であることから、警察が調査・収集した事故分析資料に基づき、交通社会学、交通工学及び救急医療等の専門的見地から総合的な交通事故防止対策を検討・提言する組織として、平成14年5月14日に学識経験者や関係機関等で構成する委員会が設置されました。

活動概要

  • あらかじめ研究テーマを選定し、調査・分析資料等の活用により事故原因の究明を行なう。
  • 検討結果に基づく効果的な事故防止対策の樹立。
  • おおむね年度ごとに3回の全体会議を開催し、各年度末に提言をまとめる。

構成委員

委員は、有識者委員、関係機関・団体委員及び警察委員とし、有識者委員は交通社会学、自動車工学、医学等の専門分野から本部長が委嘱し、関係機関・団体委員及び警察委員は別表に掲げる職にある者を充て、現在、有識者委員5名、関係機関・団体委員10名、警察委員5名の合計20名で構成されています。

別表について、詳しくはこちら(PDF形式:90KB)

実施状況

平成29年度

・ 第1回目
  
  開催日    平成29年7月20日


  出席者    有識者委員4名、関係機関・団体委員10名、警察委員5名
 
  議題      平成29年度研究テーマの選定

テーマ1「二輪車の交通事故防止対策について」
   
  昨年中、二輪車乗車中の死者が前年と比べ大幅に増加し、さらに、二輪車乗車中の負傷者は他の状態と比べ重傷者の割合が高いなど、重大事故につながる可能性が高い状況となっています。
  そこで、二輪車事故に関する事故発生状況について調査・分析、検討し、より効果的な交通事故防止対策をする必要が認められることから、本年のテーマとして「二輪車の交通事故防止対策について」を提案し、選定されました。

テーマ2「交通事故多発交差点の安全対策」
 
 事故多発交差点の事故発生要因について調査・分析、検討し、より効果的な事故防止対策を提言するとともに、他の事故多発交差点にも有効活用すべく本年のテーマとして「交通事故多発交差点の安全対策」を提案し、選定されました。

 

平成29年度

・ 第2回目

  開催日    平成29年11月29日
  
  出席者    有識者委員4名、関係機関・団体委員8名、警察委員5名


  報告      研究テーマ
               テーマ1 「二輪車の交通事故防止対策」について
               テーマ2 「交通事故多発交差点の安全対策」について

            研究テーマに関する中間報告を行い、研究内容について委員の方々より貴重なご意見をいただきま
          した。
              最終報告までに、より多角的な分析を継続します。

     その他      有識者委員による発表
                          松本委員 「平成27年交通事故死亡事例調査報告」について
                          木下委員 「ITARDAにおける二輪車事故分析の紹介」について


平成29年度

・ 第3回目
  
   開催日  平成30年3月19日

 


   出席者     有識者委員5名、関係機関・団体委員9名、警察委員5名


   報告      研究テーマ
                          テーマ1 「二輪車の交通事故防止対策」について
                          テーマ2 「交通事故多発交差点の安全対策」について
                                   
                          研究テーマに関する最終報告を行い、研究内容について委員の方々より貴重なご意見をいただいた
                      結果を提言としてとりまとめました。

   提言   交通事故抑止に関する提言(PDF形式:7.4MB)PDFアイコン


   その他     有識者委員による発表
            木下委員 「歩行者事故、自転車事故の概要」について

交通死亡事故事例検証部会

交通事故による死者を減少させるためには、救急救命士の現場処置等を含めた救急医療体制の更なる整備が不可欠です。そのため、交通事故調査委員会の下部組織として、平成16年より交通死亡事故事例検証部会を設置し、交通死亡事故事例を対象に、県内3次救急医療関係者による検証を行なっています。

  • 目的

    警察、消防、医療機関合同により、救急隊による処置から病院診療に至る、現場処置・搬送・医療機関等の外傷システム全般について調査・検証を行ない、交通事故による死亡の原因を特定し、受傷から死亡に至る時間経過を明らかにすることを通じて、救急医療体制の更なる整備を図る。

  • 調査報告
    平成27年 交通事故死亡事例調査報告書(PDF形式:1MB)
お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)