設置の趣旨

交通事故を抑止するためには、交通事故原因を科学的、総合的に調査分析し、これを施策に反映することが重要であることから、警察が調査・収集した事故分析資料に基づき、交通社会学、交通工学及び救急医療等の専門的見地から総合的な交通事故防止対策を検討・提言する組織として、平成14年5月14日に学識経験者や関係機関等で構成する委員会が設置されました。

活動概要

  • あらかじめ研究テーマを選定し、調査・分析資料等の活用により事故原因の究明を行なう。
  • 検討結果に基づく効果的な事故防止対策の樹立。
  • おおむね年度ごとに3回の全体会議を開催し、各年度末に提言をまとめる。

構成委員

委員は、有識者委員、関係機関・団体委員及び警察委員とし、有識者委員は交通社会学、自動車工学、医学等の専門分野から本部長が委嘱し、関係機関・団体委員及び警察委員は別表に掲げる職にある者を充て、現在、有識者委員5名、関係機関・団体委員10名、警察委員5名の合計20名で構成されています。

別表について、詳しくはこちら(PDF形式:90KB)

実施状況

平成29年度

   研究テーマ   テーマ1 「二輪車の交通事故防止対策」について
                             テーマ2 「交通事故多発交差点の安全対策」について
  

   提言              交通事故抑止に関する提言(PDF形式:7.4MB)PDFアイコン


平成30年度
・ 第1回目

  開催日     平成30年7月10日
 
  出席者     有識者委員4名、関係機関・団体委員9名、警察委員5名

  議題       平成30年度研究テーマの選定
           
             「通学路の交通事故防止対策」
          通学路の交通事故防止対策については平成24年全国での痛ましい事故の連続発生を
         受け、国レベルでの通学路の緊急点検の実施など、 警察を始めとする関係機関等による
                        各種安全対策が進められてきたところですが、その後も同様の事故が後をたたず、更なる
                        安全対策の検討が強く求められています。
          そこで、県内の児童の交通事故、特に通学路等での事故発生状況等を調査・分析する
                          とともに、これまでに実施した通学路の安全対策を検証し、道路環境や交通実態に応じ
         た、より効果的な安全対策を推進して通学児童の安全を確保するために、本年の研究テ
                          ーマとして検討するものであります。 

  その他     有識者委員による発表
            松本委員 「平成28年交通死亡事故事例調査・速報」について
                 「外傷センター設置のための具体的モデルの提案」について
            木下委員 「後退四輪車により、歩行者、自転車乗員、
                                                   二輪車乗員が死傷した事故の分析」について       

交通死亡事故事例検証部会

交通事故による死者を減少させるためには、救急救命士の現場処置等を含めた救急医療体制の更なる整備が不可欠です。そのため、交通事故調査委員会の下部組織として、平成16年より交通死亡事故事例検証部会を設置し、交通死亡事故事例を対象に、県内3次救急医療関係者による検証を行なっています。

  • 目的

    警察、消防、医療機関合同により、救急隊による処置から病院診療に至る、現場処置・搬送・医療機関等の外傷システム全般について調査・検証を行ない、交通事故による死亡の原因を特定し、受傷から死亡に至る時間経過を明らかにすることを通じて、救急医療体制の更なる整備を図る。

  • 調査報告
    平成27年 交通事故死亡事例調査報告書(PDF形式:1MB)
お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)