この活動は、横断歩道等における歩行者等の優先義務を運転者に徹底し、横断歩道上における歩行者等の保護を強化する事を目的に実施するもので、横断歩道の和製語であるゼブラゾーンの「ゼブラ」にかけて、「前方」・「ブレーキ」・「ライト」をドライバーに強く意識させ、横断歩道手前での確実な「ストップ(一時停止)」を徹底することにより、交通事故を「ストップ」させるものです。

 

また、「ゼブラ」と言えば、シマウマの英訳である「Zebra」を連想する方も多いと思います。ぜひ、シマウマと言えば「ゼブラ・ストップ」と思い出してください。

 

ドライバーの皆さん、横断歩道手前では、横断しようとしている歩行者をよく確認しましょう。横断歩道を横断しようとしている歩行者がある場合は、横断歩道の手前で一時停止をし、その通行を妨げてはいけません。

 

安全運転で交通事故を防ぎましょう。

ゼブラストップちらし表
ゼブラストップちらし裏
チラシのダウンロードはこちら
ゼブラ・ストップ活動チラシ(PDF形式:1.22MB)

(シマウマは)どんな鳴き声かしってる?の答え

シマウマは、「ワンワン」と犬のように鳴くことがあるんだそうです。種類や状況に応じて鳴き声が違うという説もあります。

お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)