電話de詐欺の被害状況

最近の発生状況(平成30年8月3日~8月9日)

速報値(手集計)

 
手口 件数(件) 被害額(円)
オレオレ
詐欺
オレオレ詐欺 14件 20,697,000円
架空請求詐欺 3件 5,572,732円
融資保証金詐欺 0件 0円
還付金等詐欺 3件 2,972,853円
振り込め類似詐欺 0件 0円
20件 29,242,585円

傾向等

今回認知したオレオレ詐欺14件の内訳は、現金をだまし取る手口が3件、キャッシュカードをだまし取る手口が11件でした。
中でも、市役所職員を名乗り、「税金の払い過ぎがあった。戻ってくるお金がある。」などと言って、コンビニエンスストアなどの無人ATMに誘導してお金を振り込ませたり、「戻ってくるお金を口座に振り込むに当たり、今手元にあるカードでは古いため手続きできない。新しいカードに交換する。」と言って、銀行職員等を装った犯人が自宅まで来て、キャッシュカードをだまし取る手口が多く発生しています。
 
被害の多い地域は、船橋市で4件、千葉市、印西市、市川市で3件です。

県警からのお知らせ

☆詐欺犯人と直接話さないで!☆
電話de詐欺の被害に遭わない一番の方法、それは「詐欺犯人と直接話さないこと」です。
犯人はだましのプロです。電話で直接話してしまうと、例え詐欺の手口を知っていたとしてもだまされてしまいます。
ご自宅の電話に留守番電話設定や迷惑電話対策機器の導入など、犯人と直接話さないためのひと工夫をお願いします。
また、帰省シーズンのこの時期に、是非ご家族で電話de詐欺について話し合い、不慣れなお年寄りに対しては留守番電話設定や対策機器の設置などのお手伝いをお願いします。
あなたの思いやりが電話de詐欺を防ぎます。
千葉県民総ぐるみで電話de詐欺を一掃しましょう。

平成30年の発生状況(6月末現在)

被害の認知件数

 
手口 件数
(平成30年)
件数
(平成29年)
前年同期比
オレオレ
詐欺
オレオレ詐欺 536件 372件 164件
架空請求詐欺 56件 144件 ‐88件
融資保証金詐欺 9件 15件 ‐6件
還付金等詐欺 35件 137件 ‐102件
振り込め類似詐欺 9件 7件 2件
645件 675件 ‐30件
赤字は増加を示す。

被害総額(カード引出学を含む)

 
手口 被害総額
(平成30年)
被害総額
(平成29年)
前年同期比
オレオレ
詐欺
オレオレ詐欺 905,374,416円 790,520,774円 114,853,642円
架空請求詐欺 314,557,151円 277,617,695円 36,939,456円
融資保証金詐欺 21,390,783円 22,734,967円 ‐1,344,184円
還付金等詐欺 52,263,202円 218,184,215円 ‐165,921,013円
振り込め類似詐欺 16,165,000円 14,763,238円 1,401,762円
1,309,750,552円 1,323,820,889円 ‐14,070,337円
赤字は増加を示す。

月別認知件数の推移

警察署別・市町村別認知状況

被害者の年齢構成

電話de詐欺被害者のうち、約90パーセントが65歳以上の高齢者です。
お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)