自転車運転者のみなさまへ!
危険行為を繰り返すと
「自転車運転者講習」受講の対象になります!

信号無視などの危険行為を繰り返し、3年以内に2回以上摘発された自転車運転者は『自転車運転者講習』の受講が命じられます。

制度の流れ

制度の流れを説明する画像

(注意)受講命令に従わない場合(受講しない場合) 5万円以下の罰金

危険行為(14項目)

(1)信号無視
(2)通行禁止違反
(3)歩行者用道路における車両の徐行義務違反
(4)通行区分違反
(5)路側帯通行時の歩行者の通行妨害
(6)遮断踏切立ち入り
(7)交差点安全進行義務違反
(8)交差点優先者妨害等
(9)環状交差点安全進行義務違反
(10)指定場所一時不停止等
(11)歩道通行時の通行方法違反等
(12)制動装置不良自転車運転
(13)酒酔い運転
(14)安全運転義務違反

自転車安全利用五則

「自転車安全利用五則」を守り、安全に利用しましょう

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
    自転車は「軽車両」であり、車の仲間です。
    歩道と車道の区別のあるところでは、車道通行が原則です。

    _「普通自転車の歩道通行可」を示す標識

【例外として、以下の場合は歩道を通行することができます】

  1. 道路標識や道路標示で指示された場合
  2. 運転者が13歳未満の子供、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
  3. 車道や交通の状況からやむを得ない場合
  1. 車道は左側を通行
    自転車は、車道の中央から左側部分の左側端に寄って通行します。
  1. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    歩道を通行する場合は徐行し、歩行者の通行を妨げるおそれのある場合は一時停止します。
  1. 安全ルールを守る
  • 飲酒運転・二人乗り・並進走行の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 信号遵守と交差点での一時停止と安全確認
  1. 子供はヘルメットを着用
    子供(13歳未満)の保護責任者は、児童・子供に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

本件に関するお問い合わせ

交通部交通総務課・安全教育係
電話番号:043-201-0110
(内線番号:5054、5055)

お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)