110番の日

    110番の日のイラスト画像
    110番の日のイラスト画像2
    • 開催日時
      平成27年1月10日(土曜日)
      午後1時30分から午後3時00分までの間
    • 開催場所
      市原市更級4丁目2番地2
      イトーヨーカ堂アリオ市原店
      サンシャインコート(屋外)
    • 内容
      • 110番の仕組みと適切な利用について
      • パトカーと白バイの展示
      • 子供用制服の着用
      • 塗り絵コーナー
      • チーバくんとのふれあい
      • ベリーダンサーショータイム
    イラスト画像

    若手警察官の活動

    平成23年3月の人事異動で若手警察官が5人、新たに配置となりました。

    市原市民の安全と安心を守るために、昼夜を問わず、精一努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

    八幡宿駅前交番で勤務する女性警察官です。

    コンビニエンスストアで防犯指導を実施している状況です。

    若手警察官の活動の写真
    コメント

    3月18日に市原警察署に赴任し、八幡宿駅前交番で勤務しております。

    市原市民のため「安全で安心なまち市原」を目指し、犯罪を一件でも減少させるよう、犯罪抑止活動に取り組んでいきます。

    自転車等盗難防止キャンペーン活動

    当署管内におけるオートバイ盗、自転車盗を防止するため、JR内房線、八幡宿駅、五井駅、姉崎駅の3駅駐輪場周辺において、自転車盗難防止キャンペーンを実施しました。

    駐輪の際、馬蹄錠に加えU字ロックやワイヤー錠等の補助錠を付けていただくと盗まれにくく、盗難防止に非常に高い効果があります。

    今回のキャンペーンでは、市原市防犯協会の協力により、自転車利用者に対して、ワイヤー錠とチラシを配布し防犯意識の高揚を図りました。

    また、同キャンペーンには、本年6月1日から市役所の委託業者である「自転車等盗難防止パトロール隊」も参加しました。

    自転車盗難防止の基本3か条

    1. わずかな時間の駐輪もWロック
    2. 駐輪場であっても、油断しないで2ロック
    3. 防犯登録ステッカーを必ず貼付
    ワイヤー錠の写真

    ワイヤー錠

    活動状況の写真

    活動状況

    3月23日から移動交番車の運用を開始します!!

    振り込め詐欺から守り隊の活動

    振り込め詐欺防止対策のため、平成21年6月24日当署と民間組織の統合による「振り込め詐欺から守り隊」を発足させた。

    年金の振り込み日である偶数月の15日には、管内の金融機関に自主的に配置し、訪れる人々に対して広報紙を配り、「振り込め詐欺」撲滅運動を展開している。

    振り込め詐欺から守り隊発足式の写真

    振り込め詐欺から守り隊発足式

    犯罪情報

    市内で発生している主な犯罪です。次のことに注意してください。

    空き巣・忍込み
    • 家を空けるときは、必ず鍵をかけましょう。(注意)複数の鍵の取付が効果的
    • 就寝する際は、玄関ドアはもちろん、表に格子の付いている洗面所やトイレも必ず内鍵をかけるようにしてください。
    • 2~3日留守にするときは、お隣さんに一声かけるようにしましょう。
    • 見かけない人がはいかいしていたら「どちらにご用ですか」などと声をかけてみてください。セールスマンや修理業者などを装って下見をしている空巣犯人にとって、住民からの声掛けが一番の恐怖だそうです。
    車上ねらい
    • 駐車するときは、短時間でも必ずドアロックしましょう。
    • 車内には、鞄・バッグ、上着などを置かないようにしましょう。
    • 食事中にレストラン等の駐車場で被害に遭われるケースが目立っています。駐車する場合は、できるだけお店に近い場所、夜間はなるべく明るい場所に駐車するようにしましょう。
    オートバイ盗
    • オートバイをとめておくときは、ハンドルロックとU字ロックにより二重ロックをしましょう。
    自転車盗
    • 自転車を駐輪するときは、チェーン錠(ワイヤー錠)などで二重ロックをしましょう。
    • 購入する際、忘れずに防犯登録をしておきましょう。(注意)盗難被害品の早期発見に役立ちます。
    ネットショッピング・オークション詐欺
    • 市原市内に限らず全国的に多く発生しています。
    • 業者との取引の場合は、信用できる業者を選び、電子メール・ホームページ以外の連絡先もしっかり確認しましょう。特に個人との取引の場合は、より慎重に行いましょう。少しでも不審な点があるときは取引を止めましょう。
    架空請求詐欺
    • 「有料サイトの登録料金が未納になっているので、今日中に○○銀行に○万円振り込め。振り込まないときは、押しかける。」などと、身に覚えのないお金の支払いを電話で要求してくる犯罪です。
    • 借りたことのないお金を支払う必要はありません。相手方は、皆さんが脅し文句に屈して支払うことを狙っているのです。毅然とした態度で突っぱねましょう。
    • 不安なときは、直ちに警察に通報(110番)して下さい。
    融資保証金詐欺
    • 実際には融資しないにもかかわらず、融資する旨の文書等を送付するなどして融資を申し込んできた者に対して、保証金を名目に現金を振り込ませるなどの方法によりだまし取る手口です。
    • 融資に関し、事前に現金の振り込みを要求するものは要注意です。すぐに振り込まないようにしましょう。また、家族や周囲の人に相談せずに一人で振り込んだりしないで下さい。
    • 不審に思うことがあれば、まず警察に相談してください。

    交通事故情報

    交通死亡事故が多発しています

     

    市内で発生した交通死亡事故の主な特徴
    • 高齢者の方が多く犠牲となっています。
    • 横断中または自転車で走行中に事故に遭われる方が目立ちます。
    • 夜間に多発しています。

     

    交通死亡事故が多発しています
    • ドライバーの方へ
      1. 無免許、スピードの出し過ぎ、飲酒運転は、「交通三悪」と言われるとおり、重大事故を引き起こす可能性が極めて高い行為です。自ら身の破滅を招かぬよう絶対にやめましょう。
        「スピードは控えめに、ブレーキは早めに」
        「飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。」
      2. シートベルトを必ず締めましょう。
      3. 相手が「止まるだろう」、「避けるだろう」の予測運転は危険です。特に交差点では安全を十分に確認しましょう。
      4. 路面の凍結に注意して運転しましょう。
    • 自転車利用の方へ
      • 急な進路変更はやめましょう。
      • 夜間はライトを点灯しましょう。
    • 歩行者の方へ
      • 無理な横断は絶対にやめましょう。横断するときは、左右の安全を確認してから横断しましょう。
      • お年寄りは、なるべく夜間の外出は控えましょう。やむを得ず外出するときは、ご家族を同伴するか、明るい色の服装や反射材を付けた履き物などを使用しましょう。

    あなたのまちの犯罪情勢

    市原警察署管内の犯罪発生状況の推移

    市原警察署管内の犯罪発生状況の推移の画像

    平成26年の犯罪発生状況

    1. 平成26年の多発犯罪の発生件数(前年比)(PDF形式:58KB)
    2. 平成26年の地区別発生状況(前年比)(PDF形式:71KB)
    3. 多発犯罪の手口等一覧(PDF形式:285KB)

    防犯情報

    1. 自動車・車上ねらいに対する防犯対策(PDF形式:327KB)
    2. 市原警察署振り込め詐欺通信(平成26年中)(PDF形式:124KB)
お問い合わせ
市原警察署  電話番号:0436-41-0110 (代表)