子ども子育てフェスタかつうらに参加しました

     8月27日、勝浦市芸術文化交流センターで開催された勝浦市主催のイベント「子ども子育てフェスタかつうら」に勝浦警察署も参加しました。
     当日は、駐車場内の一画にブースを設け

     〇 小さなお子様を対象に警察官の制服で記念撮影
     〇 移動交番、パトカー、白バイの展示と乗車体験
     〇 交通安全のほか、「電話 de 詐欺」被害防止、「犯罪被害者支援」等の各種警察活動に関係するチラシ、啓発グッズ等の配布

    等を行い、来場者に事件事故の防止を呼びかけました。


        イベント会場の様子
        1   2


        3   4

    勝浦警察署インターンシップの実施

    勝浦署では、管内に所在する国際武道大学在学中の学生を対象に毎年、体験学習を実施しており、今年は8月22日(火曜日)から24日(木曜日)の3日間実施し、3年生6人が参加してくれました。

    体験学習を終えた参加者からは
    • 警察には様々な仕事や役割があって、今まで知らなかった一面を知ることができ、警察官になりたい気持ちがより強くなった。
    • 現役の警察官と直接、話しをすることで、仕事のやり甲斐や苦労した体験談等、警察官だからこそ味わえる貴重な話しを聞くことができ、インターンシップに参加できてよかった。
    • 鑑識での指紋採取の体験、逮捕術訓練、交通安全キャンペーンでの市民の方々とのふれあいなど、初めての体験で新鮮だった。
    などの感想があり、有意義な体験学習となりました。
    田中署長との懇談

    田中署長との懇談

    キャンペーンへの参加

    キャンペーンへの参加

    鑑識疑似体験

    鑑識疑似体験

    逮捕術体験

    逮捕術体験

    リクルーターとのフリートーク

    リクルーターとのフリートーク

    修了証の交付

    修了証の交付

    勝浦小学校児童の施設見学

     6月21日、勝浦警察署に勝浦小学校4年生児童が見学に来てくれました。
     警察の仕事について警察官から説明を聞いたり、質問したり、熱心にメモをとる児童もいました。
     警察官の服装や持ち物、移動交番、パトカー、白バイなどの装備の説明を聞いたり、乗車体験もしました。
       パトカーのサイレンの音に思わずビックリ?
       あっという間の時間でしたが、満足してもらえたかな?
     将来、警察官になってくれたらうれしいな。

                     
                        【見学の様子】
                             
        見学の様子1  見学の様子2

        見学の様子3  見学の様子4

    事件・事故に遭われた方や周囲の皆様へ

    勝浦警察署では、犯罪や交通事故に遭われた方や、家族等周囲の方々が、再び地域で平穏な生活を送られるように警察本部、自治体や民間ボランティアと連携して様々なサポートをしておりますが、それには地域、職場、学校等、周囲の方々の温かい理解と協力が必要です。

    犯罪被害等で悩み苦しむ方々を社会全体で支えていきましょう。

    犯罪や交通事故でお困りの方、悩みを抱えた方、ひとりで悩まず是非ご相談ください。

    犯罪被害者等の現状と支援の必要性

    犯罪被害者等(その家族又は遺族を含む。以下同じ)は、本人との意志とは無関係に犯罪という理不尽な行為により、命を奪われる、けがをする、財産を盗まれる等の生命、身体、財産上の直接的被害を受ける(一時的被害)にとどまらず、事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調、医療費の負担や失職、転職などによる経済的困窮、捜査や裁判の過程における精神的、時間的負担、周囲の人々の無責任なうわさ話やマスコミの取材、報道によるストレス、不快感など被害後に生じる様々な問題(二次的被害)に苦しめられます。これら二次的被害は、犯罪被害者等の周囲の人々の配慮により防ぐことが可能なものが多く、また、犯罪被害者等の心の傷の回復には地域、職場、学校など、社会全体が犯罪被害者等の心情を理解し支えて行く必要があります。

    事件や事故に遭われた方のための相談窓口について

    千葉県警察では、犯罪や交通事故の被害に遭った被害者やご遺族・ご家族に対し、次の相談窓口を設け、被害の相談や精神的な悩みなどの相談に応じています。

    相談サポートコーナー
    電話番号:043-227-9110 プッシュ・携帯「#9110」
    受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで
    • 各種犯罪や事故の被害者相談
    • 警察全般に関する相談
    性犯罪110番
    電話番号:043-223-0110「8103」
    受付時間:24時間
    • 女性被害者の困りごと、悩みごと相談
    女性相談所
    (電車内における痴漢等)
    電話番号:0120-048224(マヨワズツウホウ)
    受付時間:24時間
    • 電車、駅構内の痴漢被害等の届出や相談
    暴力団相談
    ((財)暴力団追放県民会議)
    電話番号:043-254-8930(ツイニゴヨウヤクザゼロ)
    受付時間:平日午前9時から午後5時まで
    • 暴力団による被害の相談
    少年センター
    (ヤング・テレホン)
    電話番号:0120-783497(ナヤミヨクナル)
    受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで
    • 少年に関する非行、家庭内暴力、犯罪被害、交友関係などの相談

    警察署でも各種相談を行なっています。詳しくは最寄りの警察署、交番、駐在所等にお問い合わせください。

    カウンセリング制度のご案内

    県警では、被害者の方の精神的なショックや苦痛を少しでも和らげることを目的に、ご希望に応じてカウンセリングを行なっています。

    • 千葉県警察犯罪被害カウンセラーチーム(アクト)

      犯罪の被害者やご家族の受けた心の傷に対し、精神的なケアを行う「千葉県警察犯罪被害カウンセラーチーム(通称アクト)」が活動しています。

      ひとりで悩まず、事件を担当した警察官に「アクトの人をお願いします。」と声をかけてください。

    千葉県公安委員会指定 犯罪被害者等早期援助団体《 公益社団法人千葉犯罪被害者支援センター 》

    犯罪や交通事故に遭われた方やその家族、遺族の方の精神的な負担などを軽減し、被害から立ち直るために、さまざまな支援を無料で行なっています。

    業務内容
    相談・カウンセリング、裁判所などの付き添い等
    相談電話
    電話番号:043-225-5450
    ホームページ
    http://www.chibacvs.gr.jp外部サイトを新しいウィンドウで開きます
    受付時間
    月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)
    午前10時~午後4時まで

    犯罪被害給付制度のご案内

    この制度は、

    通り魔殺人等の故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた被害者の遺族や、身体に重大な負傷または疾病を受けた被害者及び障害が残ることとなった被害者に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が一定の給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図ろうとするものです。

     

    給付金には
    • 遺族給付金
      亡くなった場合
    • 障害給付金
      障害が残った場合
    • 重傷病給付金
      重大な負傷または疾病にかかった場合(療養期間が1か月を超え、かつ、一定の要件を満たす場合)

    の3種類があり、いずれも一時金として支払われるものです。

    (注意)犯罪による被害でも、

    • 親族間犯罪や被害者にも原因がある場合には、給付金の全部又は一部が支給されないことがある。
    • 労災保険などの公的補償を受ける場合や損害賠償を受けたときは、その額と給付金とが調整される。

    等の制限が定められているほか、申請できる期間が定められておりますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

    【問い合わせ先】
    • 千葉県警察本部犯罪被害者支援室
       (代表)電話番号  043-201-0110
    • 勝浦警察署警務課
       (代表) 電話番号 0470-73-0110

    あなたのまちの犯罪情報と交通事故情報

    勝浦署管内犯罪情報【5月末】(PDF形式:261KB)
    勝浦署管内交通事故情報【5月末】(PDF形式:677KB)
お問い合わせ
勝浦警察署  電話番号:0470-73-0110 (代表)