外国で取得された運転免許を、日本の運転免許へ切替えたい方の手続きをご案内します。
 

手続きができるのは、有効な外国の運転免許をお持ちの方で、かつ、運転免許の発給を受けた日から通算3か月以上発給国に滞在期間がある方です。外国の行政庁の発行した国際運転免許は、日本の運転免許に切替えることはできません。
 

なお、この手続きは、千葉運転免許センターのみで行ないます。流山運転免許センターでは行いませんのでご注意ください。
 

受付時間は、

  • 平日の午前8時30分から9時まで、午後1時から1時30分まで

です。土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は取り扱いません。
    また、交通機関の遅延などの理由でも受付時間外の受付は行っていません。
 

手続きに必要なものは、

  • 有効な外国の運転免許証
  • 有効な外国の免許証の翻訳文(大使館、領事館、日本自動車連盟(JAF)、ジップラス株式会社、台湾日本関係協会(台湾免許に限る)又はドイツ自動車連盟(ドイツ免許に限る)が発行したもので、日本語に翻訳したもの)
  • パスポート(外国運転免許の発給を受けた日から通算して3か月以上発給国に滞在期間があるかを確認します。出入国スタンプがないなどパスポートで滞在期間が確認ができない方は、出入国記録や就労証明など発給国の滞在期間が確認できる書類が必要になります。)
  • 住民票(日本国籍の方は本籍が、外国籍の方は国籍、在留資格、在留期限及び在留カード番号の記載があり、個人番号が記載されていないもの)

   海外から一時帰国中で住民登録が日本にない方は次の①、②のいずれかをお持ち下さい。
① 本籍の記載がある住民票の除票と居住証明書(PDF形式:120KB)と証明者の本人確認書類(本籍や氏名に変更がある場合は戸籍謄本もお持ち下さい)

② 戸籍の附票と居住証明書(PDF形式:120KB)と証明者の本人確認書類
(有効中のパスポートが無い場合・本籍や氏名に変更がある場合は戸籍謄本もお持ち下さい。

(注意) 千葉県で手続きできるのは、一時帰国先が千葉県内の方のみです。千葉県以外に一時帰国される方は、該当する都道府県の免許センターにお問い合わせください。

  • 外国籍の方は在留カード


(注意) 外国籍で短期滞在者の方は、住民票及び在留カードの代わりに居住証明書(短期滞在外国人用)(PDF形式:112KB) 証明者の本人確認書類及び滞在期間が確認できる短期滞在ビザ(査証)又は証印が貼付されたパスポートをお持ちください。

等です。
 

申請用写真の大きさは、縦3センチ、横2.4センチ、撮影後6か月以内で、上三分身、無帽、無背景、正面で鮮明に写っていることが条件です。免許センター内でも有料で撮影することが出来ます。
申請用写真について、詳しくはこちら
 

書類審査合格後、運転適性試験を行いますので、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器等などをお使いの方は、忘れずにお持ちください。
 

日本免許交付までの流れは、書類審査(経歴確認)合格→知識確認合格→適性試験合格→技能確認(予約制で後日に実施)合格→日本免許の交付となります。

(注意)技能確認で合格するには、日本国内を走行する上で必要な法令等の知識(通行方法等)が必要です。受験される方はあらかじめ道路交通法を確認してください。

 我が国と同等の水準にあると認められる免許の制度を有している外国等(いわゆる確認特例国)(PDF形式:28KB) は原則として知識確認と技能確認(アメリカ合衆国インディアナ州は技能確認のみ)が免除になります。
 

書類審査には長時間を要しておりますので、あらかじめご了承願います。
 なお、上記の申請受付時間のほかに平日の午前8時30分から午前10時まで、午後1時から午後3時までは、事前相談のみを受け付けています。
 

過去に運転免許の取り消し処分を受けたことのある方は、取消処分者講習終了証明書の原本が必要です。1年以内に取消処分者講習を受けていなければ、受験することができませんのでご注意ください。

※国や取得状況によっては、準備する書類が異なりますので、事前に千葉運転免許センター(電話043-274-2000 ガイダンス「1」→「55」→「1」と操作してください。)へお問い合わせすることをお勧めします。

お問い合わせ
運転教育課  電話番号:043-274-2000 
(運転免許テレホン案内&ファックスサービス)