電話de詐欺の被害状況

最近の発生状況(令和2年5月16日~5月22日) 速報値(手集計)

 
手口 件数(件) 被害額(円)
特殊詐欺 オレオレ詐欺 7 8,300,000
預貯金詐欺 4 8,000,000
架空料金請求詐欺 1 5,771,200
還付金詐欺 4 3,710,972
融資保証金詐欺 0 0
金融商品詐欺 0 0
ギャンブル詐欺 0 0
交際あっせん詐欺 0 0
その他の特殊詐欺 0 0
キャッシュカード詐欺盗 5 5,146,006
21 30,928,178

傾向等

 今回認知した電話de詐欺のうち、最も多かったのは、市役所職員をかたった詐欺で8件、次に多かったのは、息子や孫などの親族をかたった詐欺で7件でした。
 被害が発生した地域は、市川市、船橋市、柏市、千葉市、浦安市、成田市、松戸市、君津市、四街道市、佐倉市及び習志野市でそれぞれ発生しています。

県警からのお知らせ

「コロナ」「給付金」のだまし文句に注意!
 全国で緊急事態宣言が段階的に解除される中、それに合わせるように、電話de詐欺犯人の動きが活発になってくることが予想されます。
 詐欺のほとんどが電話やハガキ、メールなどで、親族や銀行員、市役所職員や警察官などを名乗り言葉巧みに、現金やキャッシュカードをだまし取ったり、現金を振り込ませようとします。
そして、新型コロナウイルス感染拡大に便乗し、「コロナ」「給付金」という言葉を交ぜる手口もあり、犯人は社会情勢の変化に合わせた言葉を使い分けてきます。
 犯人からの電話は、いつかかってくるかわかりません。
 電話で「お金」や「カード」の話が出たり、「給付金」の手続などを理由に暗証番号を聞いてきたら、それは詐欺です。
 ご自宅の電話は、在宅中でも常に留守番電話に設定するなどして、犯人と直接話さない対策をしましょう。

令和2年の発生状況(4月末現在)

被害の認知件数

 
手口 令和2年4月
件数(件)
平成31年4月
件数(件)
前年同月比
特殊詐欺 オレオレ詐欺 99 139 -40
預貯金詐欺 89 190 -101
架空料金請求詐欺 15 39 -24
還付金詐欺 25 27 -2
融資保証金詐欺 7 2 5
金融商品詐欺 1 1 ±0
ギャンブル詐欺 3 0 3
交際あっせん詐欺 1 1 ±0
その他の特殊詐欺 0 0 ±0
キャッシュカード詐欺盗 122 74 48
362 473 -111
赤字は増加を示す。

被害総額

 
手口 令和2年4月
被害総額(円)
平成31年4月
被害総額(円)
前年同月比
特殊詐欺 オレオレ詐欺 237,221,000 346,873,280 -109,652,280
預貯金詐欺 125,007,870 185,187,800 -60,179,930
架空料金請求詐欺 109,436,569 142,203,900 -32,767,331
還付金詐欺 39,116,361 28,115,480 11,000,881
融資保証金詐欺 17,413,320 3,516,699 13,896,621
金融商品詐欺 272,774 4,000,000 -3,727,226
ギャンブル詐欺 5,446,400 0 5,446,400
交際あっせん詐欺 4,090,000 2,457,035 1,632,965
その他の特殊詐欺 0 0 ±0
キャッシュカード詐欺盗 163,853,509 91,572,947 72,280,562
701,857,803 803,927,141 -102,069,338
赤字は増加を示す。

認知件数・被害金額の推移




年別認知件数・被害金額の推移

 

警察署別・市町村別認知状況

被害者の年齢構成

電話de詐欺被害者のうち、約91パーセントが65歳以上の高齢者です。
お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)