街頭防犯カメラネットワークシステムについて

千葉県警察では、犯罪の未然防止を図ることを目的として、平成30年12月から県内の主要駅周辺の繁華街などに、50台(第1期)の街頭防犯カメラを設置し運用しています。
   また、令和2年7月20日からは、前記50台に加えて、70台(第2期)の街頭防犯カメラを設置し運用を開始しています。
 

概要

1.設置場所

 

1.第1期
    平成30年12月から運用している街頭防犯カメラの設置場所は、千葉駅、船橋駅、西船橋駅、松戸駅及び柏駅
   の5駅周辺の繁華街などに各10台(計50台)を設置しています。
      カメラの設置を明示するため、カメラ設置場所周辺に「防犯カメラ設置区域」等と記載した表示板を設置してい
   ます。  
               
           第1期設置場所一覧(PDF形式:40KB)                       

2.第2期
  令和2年7月から運用を開始している街頭防犯カメラの設置場所は、津田沼駅、八千代緑が丘駅、八千代台駅、
   勝田台駅、市川駅、本八幡駅、新松戸駅、新八柱駅、成田駅、公津の杜駅、八幡宿駅、五井駅及び姉ケ崎駅の
   13駅周辺の繁華街などに計70台を設置しています。
      カメラの設置を明示するため、「防犯カメラ設置区域」等と表示した表示板及び路面表示を設置しています。
   
           第2期設置場所一覧(PDF形式:48KB)

2.運用

  1. 厳格な運用
     本システムの運用は、千葉県公安委員会規程を定め、適正な運用に努めています。また、利用状況は定期的に千葉県公安委員会に報告します。
                              千葉県公安委員会規程(PDF形式:52KB)
  2. 画像データの消去
     画像データは、7日間で自動的に消去されます。
  3. プライバシーの保護
     撮影する映像内に居住空間(プライベート空間)がある場合は、モニターでの映像確認時に同所が映し出されることがないようマスキング(黒塗り)処理を行い、プライバシーの保護に努めています。

3.活用状況

街頭防犯カメラネットワークシステムでは、令和元年中に87件の画像データを警察署長に提供し、犯罪の未然防止や犯人の検挙などに活用しました。

4.主な活用事例

  • 行方不明者の捜索
  • 暴行、傷害事件
  • 窃盗事件
  • 道路交通法違反事件 等

街頭防犯カメラ増設に伴う住民説明会の書面開催について

本年7月中旬から街頭防犯カメラ70台を増設し運用開始に伴う住民説明会については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期しておりましたが
     ・ 成田中央公民館  (カメラ設置場所:成田駅、公津の杜駅周辺)
     ・ 八千代市市民会館 (カメラ設置場所:勝田台駅、八千代台駅、八千代緑が丘駅周辺)
     ・ 船橋東部公民館  (カメラ設置場所:津田沼駅)
につきましては、各自治会や商店会宛てに資料を送付し書面開催とさせていただきました。
 質問につきましては、地域単位でお受けいたしますので、お手数ですが下記までご連絡をお願いします。 

問い合わせ先

 千葉県警察本部生活安全総務課対策第1・2係 043-201-0110
 (平日の午前8時30分から午後5時15分まで)
お問い合わせ
千葉県警察本部 生活安全総務課  電話番号:043-201-0110 (代表)