各種窓口業務における受付時間の変更について

    各種行政手続に関する窓口業務の受付時間が以下のとおり変更となります。
    ご理解とご協力をお願いいたします。

    〇 開始日   
         令和3年9月1日(水曜日)から

    〇 受付時間   
           午前9時から午後4時までに変更  
         * 受付日は、従来どおり月曜日から金曜日です(祝日、振替休日及び年末年始(12月29日
         から1月3日)を除く。)。

    〇 対象窓口
           対象となる窓口業務については、下記のリンクをご覧ください。
       受付時間変更(PDF形式:245KB)

    平岡駐在所の一時閉鎖について

    平岡駐在所は、令和3年7月21日(水曜日)から、建替工事のため一時閉鎖します。
    工事期間中は、駐在所機能を長浦駅前交番に移転します。
    駐在所再開時期は、決定次第お知らせします。

    工事期間中は、住民の皆様に大変ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。

     連絡先電話番号
     木更津警察署 0438-22-0110
     長浦駅前交番 0438-62-2927
     
     

    家庭学習教材「きさラッコドリル」ができました

     防犯講話や交通安全教室と同じように、自宅でも防犯や交通安全のことを楽しく学んでもらうために「きさラッコドリル」を作りました。
     小学校で学習する範囲を元に作成していますので、ぜひご家庭で活用してみてください。

     (低学年向け)

    被害者支援のご案内

    〈犯罪被害者週間について〉
      
     犯罪被害などに遭われた方やそのご家族が、犯罪被害により受けた被害から立ち直り、再び地域において平穏に過ごせるようになるためには、地域の方の理解と配慮が必要です。
     政府が策定した「犯罪被害者等基本計画」により、毎年、11月25日から12月1日までが犯罪被害者週間とされ広報啓発活動を実施しています。
     千葉県警察では、事件の被害者やそのご家族を支援するため、電話や面接による相談に応じています。
     また、刑事手続きや援助救済制度などの情報を解説したパンフレットを作成するなど、犯罪の被害に遭われた方などの要望に応えた支援活動を実施しています。

    〈犯罪被害者相談の窓口〉
     各種犯罪被害に遭い、お困りの方のために、相談窓口を開設しています
    相談窓口 電話番号
    相談サポートコーナー
    043-227-9110
     (プッシュダイヤル・携帯電話 『#9110』)
    性犯罪110番 千葉県警察本部性犯罪110番
    フリーダイヤル   大きな1歩    ハートさん

    0120 -  01  -8103

    全国共通番号 #8103 (シャープ ハートさん)

    ・千葉県内で、IP電話(NTT東西、J:COM)から全国共通番号に電話すると通話料金が発生します。お手数ですがフリーダイヤル番号からお電話していただきますようお願いします。
    ・全国共通番号にかけた場合、発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪相談電話につながります。千葉県警察では、性犯罪110番につながります。
    少年センター(ヤングテレホン) 0120-783497
    女性相談所
    (電車内における痴漢等)
    0120-048224
    メール受付
    暴力相談 043-254-8930
     
    〈カウンセリング〉
     犯罪の被害者やご家族の受けた心の傷に対し、精神的ケアを行う「千葉県警察犯罪被害者カウンセラーチーム(通称 アクト)」が活動しています。
     ひとりで悩まず、事件を担当した警察官に「アクトの人をお願いします。」と声を掛けてください。

    〈犯罪被害給付制度〉
     通り魔殺人等の故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた被害者のご遺族又は身体に傷害等を負った被害者に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が犯罪被害者等給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図ろうとするものです。

    〈国外犯罪被害弔慰金等支給制度〉
     日本国外において行われた故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた日本国民のご遺族に対して国外犯罪弔慰金を、障害が残った日本国民に対して国外犯罪被害障害見舞金を支給するものです。

    〈性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター〉
     被害に遭ったことを誰にも打ち明けられず、自分を責めたりしていませんか。ひとりで悩まず、ご相談ください。
     〇 秘密は厳守します。(相談無料)
     〇 被害直後から、専門の支援員が被害者に寄り添い、ニーズを踏まえた総合的な支援を提供し、心身の負担軽減と健
      康回復をサポートします。
     〇 支援内容  電話相談、面接相談、医療支援、カウンセリング、法律相談など
     〇 千葉犯罪被害者支援センターでは、医療機関への付き添い支援も行います。

     ≪NPO法人 千葉性犯罪暴力支援センターちさと≫
     〇 緊急医療支援は24時間365日受けられます。
        ※ 受診する医療機関は国立病院機構千葉医療センターとなります。
     〇 電話番号 043-251-8500
     〇 受付時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前9時から午後9時まで
            土曜日(祝日、年末年始を除く)        午前9時から午後5時まで

     ≪公益社団法人 千葉犯罪被害者支援センター≫
     〇 医療機関や裁判所などへの付添い支援を行います。
     〇 県内各地の連携医療機関での支援が受けられます。
     〇 電話番号 043-222-9977
     〇 受付時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前10時から午後4時まで

    ~各犯罪被害者相談窓口、被害者支援制度についての問い合わせは~
      〇千葉県警察本部犯罪被害者支援室  電話番号(代表) 043-201-0110
      〇木更津警察署警務課        電話番号(代表) 0438-22-0110

    ねずみ先輩より「ゼブラ・ストップ作戦実施チュー(中)です」

    ・ゼブラ・ストップ作戦で安全運転、交通事故にチュー(注)意!
     新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が解除されたことから、小学校等が再開され、児童・生徒等の登下校が始まっています。

     緊急事態宣言期間中の「交通量が少ない」、「歩行者が少ない」という交通環境での運転に慣れて、スピードが出やすくなったり、歩行者に気を配らなくなっているかもしれません。
     ドライバーのみなさん、スピードの出しすぎに注意して、横断歩道の手前では横断中や横断しようとしている歩行者がいないか、よく確認をしましょう。
     横断歩道を横断中または横断しようとしている歩行者がいる場合は、横断歩道の手前で一時停止をして歩行者の通行を妨げてはいけません。

     安全運転で交通事故を防ぎましょう!
     
    ねずみ先輩が交通事故に注意と呼びかけている写真
    ゼブラ・ストップ作戦とは、千葉県警察が横断歩道等における歩行者等の優先義務を徹底し、横断歩道上における歩行者等の保護を強化することを目的に実施しています。
     
     

    ねずみ先輩より「新型コロナウイルスに関連した犯罪にチュー(注)意です」

    電話で詐欺に注意と言っているねずみ先輩の写真
    ・新型コロナウイルスに関連した不審な電話にチュー意!
     木更津警察署管内でも新型コロナウイルスに関連した不審な電話が確認されています。オレオレ詐欺や還付金詐欺などの電話de詐欺の被害に遭うおそれがあるので、犯人からの電話に出ないために、自宅の電話機を留守番電話設定にする、ナンバーディスプレイを確認して非通知や知らない電話番号の電話は出ないなどの防犯対策をしましょう。
     例えば、
    ・市役所や保健所職員を名乗り、「コロナのことを調べているので家族関係を教えてほしい」
    ・親族や知人を名乗り、「コロナで銀行が封鎖されるから、お金をおろして、現金を家に保管したほうがいい」
    ・助成金サポートセンターを名乗り、「コロナの関係で新しい制度ができた。急いで手続きしてください」
    などの不審な電話を受けた場合は、最寄りの交番・駐在所または木更津警察署に相談または通報してください。

    ・新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にチュー意!
     新型コロナウイルスに関連して、様々な悪質商法が発生するおそれがあります。
     例えば、
    ・高額なマスクや消毒液を売りつける訪問販売
    ・新薬開発企業への投資を勧誘する利殖勧誘
    ・新型コロナウイス感染症に効果があるとうたった未承認の医薬品販売

    など、勧誘の電話や訪問で少しでもおかしいと感じたら、最寄りの交番・駐在所または木更津警察署に相談または通報してください。
     また、政府が布製マスクの配布を決定して以降、「身に覚えのないマスクが届いた」などといった相談が増えています。身に覚えのない商品が届いたら、慌てて「受け取らない・お金を払わない・送り主に連絡しない」ようにして、最寄りの交番・駐在所または木更津警察署に相談してください。

    ・特別定額給付金を装った詐欺にチュー意!
     政府からの給付金に便乗して、市役所や銀行職員などを名乗り、給付手続きを装って、家族構成や銀行口座番号、マイナンバーなどの個人情報を聞き出そうとしたり、「ATMで給付金の手続きができる」、「職員が自宅に行く」などと言って、現金やキャッシュカードなどを騙し取ろうとする電話やメールが相次いでいます。
     給付手続きのために、市役所や総務省職員、銀行などの金融機関の職員などが、
    ・自宅に現金やキャッシュカードなどを受け取りに行く
    ・電話やメールでATMの操作をお願いしたり、給付のための手数料を振り込ませる

    ことは、絶対にありません。
     このような不審な電話やメールを受けた場合は、最寄りの交番・駐在所または木更津警察署に相談または通報してください。
     もし、電話等をしてきた者が自宅に来ると言ったり、自宅に来ている場合は、すぐに110番通報をしてください。
    サクラビットとねずみ先輩が詐欺に注意と言っている写真
    木更津警察署電話番号 0438-22-0110

    木更津警察署からのお知らせ(交通ルール~自転車編)外国語版

    外国人の方の中には、日本の交通ルールが分からずに不安に感じている方も多いと思います。木更津警察署管内は大型商業施設の開業等に伴い人口増加傾向にあり、外国人居住者も増加しています。自転車の交通ルールについて「自転車が通行すべき場所」、「交差点を通行するときのルール」、標識の意味や禁止行為をまとめた広報紙を作成しました。地域にお住まいの外国人の方にお渡しください。

    木更津警察署からのお知らせ(交通ルール~自転車編)
    日本語(PDF形式:1.85MB

    英語(PDF形式:920KB)

    中国語(PDF形式:1.41MB)

    韓国語(PDF形式:979KB)

    ・スペイン語(PDF形式:2.07MB)

    ・タイ語(PDF形式:1.29MB)

    ・ベトナム語(PDF形式:955KB)

    ・インドネシア語(PDF形式:1.95MB)

     

    オウム真理教による地下鉄サリン事件を知っていますか?

     オウム真理教とは、かつて、宗教法人を隠れ蓑にしながら武装化を図り、松本サリン事件、地下鉄サリン事件等数々の凶悪事件を引き起こしました。

     一連の事件後、警察の取締りのほか、宗教法人法に基づく解散命令等で打撃を受けたものの、依然として麻原彰晃こと松本智津夫(以下「松本」)の説いた教義を存立の基盤として活動を継続し、青年層を中心に教団名を伏せて勧誘活動を行い信者を獲得、説法会の参加費や布施の徴収等で資産を増やしています。

     平成30年7月、松本死刑囚他13人の死刑が執行されましたが、その後も、主流派「Aleph (アレフ)」は、松本への絶対的帰依を強調して活動し、一方、上祐派「ひかりの輪」は、松本からの脱却を強調し、松本の影響力がないように装って、組織の維持を図っています。

     今も、オウム真理教は名前を隠し、一連の事件を知らない若者を勧誘しています。
     「ヨガ教室」「悩み事相談」という名目での不審な勧誘に注意しましょう。

     オウム真理教に関連すると思われる勧誘を受けたり、情報を入手した場合は、最寄りの交番・駐在所又は木更津警察署(電話番号0438-22-0110)にご連絡ください。

    〈広報資料〉地下鉄サリン事件って知っていますか?(PDF形式:684KB)
     

    ハルウララ号から交通事故防止のお願いです

    ~事故にあわないで 事故を起こさないで~
     
     木更津警察署では、市民の皆さまに交通事故防止に対する意識を今まで以上にお持ちいただけるように、かつて連戦連敗でも健気に走り続ける姿が人気となり、日本中に大ブームを巻き起こした元競走馬『ハルウララ号』を起用した交通事故防止啓発ポスターを作成しました。
     一生当たらなかったハルウララ号にあやかり、市民の皆さまも交通ルールを守り、一生クルマに当たらない『生涯無事故』を目指してください。  
     牧場スタッフがハルウララ号に乗馬している写真 ニンジンを食べているハルウララ号の写真


    ハルウララ号のポスターはこちら(PDF形式:323KB)

    9月11日は警察相談の日です

     警察では、事件や事故などに困り苦しむ方、不安を抱く方の力となり安心して生活していただくため、警察本部相談サポートコーナー及び最寄りの警察署で相談を受け付けています。
     また、県民の皆様に相談専門電話(#9110)を知っていただくため、9月11日を「警察相談の日」と定めています。
     事件・事故等の緊急通報は110番へ、相談については相談専門電話(#9110)又は最寄りの警察署へ電話ください。

    〈警察の相談窓口〉
     〇 最寄りの警察署、交番、駐在所
       木更津警察署
       電話番号 0438-22-0110
     〇 千葉県警察本部 相談サポートコーナー
       電話番号 043-227-9110
            短縮ダイヤル #9110(全国共通)
       受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く)
            午前8時30分~午後5時15分
       #9110は、携帯電話、PHSからも利用可能ですが、ダイヤル回線の電話及び一部のIP電話は利用できません。

    〈あなたの悩みにあった相談窓口へ〉
     千葉県警察では、さまざまな機関・団体と相談窓口のネットワークを結んでいます。
     解決への近道は、悩み事にあった窓口に相談することです。詳しくは、それぞれの団体のホームページをご覧ください。
     
    警察以外の主な相談業務相互支援ネットワークの相談窓口
    相談窓口 相談内容 電話番号
    千葉県消費者センター 消費生活全般に関する相談 043-434-0999
    千葉県交通事故相談所 交通事故損害賠償、示談などの相談 043-223-2264
    千葉県女性サポートセンター 女性の社会生活上の相談、一時保護 043-206-8002
    千葉県精神科医療センター 精神科救急医療の受診に関する相談 043-276-3188
    千葉県動物愛護センター 犬・猫などペットに関する相談 0476-93-5711
    千葉県弁護士会 法律問題全般に関する相談 043-227-8954
    千葉県暴力団追放県民会議 暴力団に関する困りごと相談 043-254-8930
    千葉いのちの電話 不安・悩みなど人生全般の相談 043-227-3900
     警察相談の日チラシ(PDF形式:95KB)

    外国人に優しい木更津警察署を目指して

    当署管内では新興住宅地の開発や大型商業施設の開業に伴い人口が増加傾向にあり、街で外国の方を見かける機会が多くなりました。今後オリンピック・パラリンピックが近付き、さらに外国人観光客、居住者が増加すると思われます。

    慣れない土地、ましてや言葉が分からない外国ともなれば、不安になると思われます。皆さんが安心して過ごせるよう、当署では外国の方に向けた広報誌を作成しました。

    お困りの際は、お気軽に木更津警察署、又は最寄りの交番へご連絡ください。

    外国人の不法滞在・不法就労防止にご協力を!

    不法就労は、法律で禁止されています。不法就労した外国人だけでなく、不法就労させた事業主も処罰の対象となります。

    事業主は、外国人を雇用する場合、就労資格や在留期限をよく確認し、不審な点があったときには木更津警察署まで連絡してください。

    問い合わせ:木更津警察署(電話番号 0438-22-0110

    不法就労とは
    • 不法滞在者が働くケース
      (例)密入国した人やオーバーステイの人が働く
    • 入国管理局から働く許可を受けていないのに働くケース
      (例)観光や知人訪問の目的で入国した人が働く
    • 入国管理局から認められた範囲を超えて働くケース
      (例)外国料理店のコックとして働くことを認められた人が機械工場で単純労働者として働く
    処罰

    不法就労させたり、不法就労をあっせんした者「不法就労助長罪」
    (出入国管理及び難民認定法第73条の2)

    矢印

    3年以下の懲役・300万円以下の罰金

    不法就労させたり、不法就労をあっせんした外国人事業主

    矢印

    不法就労助長罪かつ退去強制の対象

    外国人労働者を雇用する事業主で雇用又は離職の際に
    ハローワークへの届出をしなかったり、虚偽の届出をした者

    矢印

    30万円以下の罰金(雇用対策法28条第38条)

    管内の犯罪情勢

    管内の犯罪情勢はこちら
お問い合わせ
木更津警察署  電話番号:0438-22-0110 (代表)