空港への刃物・護身具の持ち込みにご注意ください。

    空港の保安検査において刃物や特殊警棒などが発見されて警察に通報され、法令違反に問われる事案が多数発生しています。

    法令に違反しない場合でも、各航空会社から、保安規定に違反するとして機内への持ち込みや荷物の預託を拒否される場合があります。

    他方、帰国時、海外で購入したお土産や、人からもらったプレゼントが、法令上国内に持ち込めない刀剣類に該当するとして警察署長に仮領置される場合があります。

    航空機に搭乗される際は、手荷物中に以下のような危険物が含まれていないか、確認をお願いします。

    1 都道府県公安委員会の許可等がなければ所持できない物件の例

    ・刃渡り15センチメートル以上の刀、やり及びなぎなた
    ・刃渡り5.5センチメートル以上の剣
    ・あいくち
    ・45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフ
    ・一定以上の威力を有するエアソフトガン(準空気銃)
     海外でお土産として購入しても、許可等無く日本国内に持ち込むことはできません。
     刃付けのされていない、いわゆる「モデル刀剣」であっても国内に持ち込めない場合があります。


    2 正当な理由がなく携帯できない物件の例

    ・刃体の長さが6センチメートルを超える刃物
     一定の要件の下、はさみ、折りたたみ式のナイフ及びくだものナイフは刃体の長さが8センチメートル以下まで、切出しは刃体の長さが7センチメートル以下まで、それぞれ許される場合があります。

    ・刃体の長さが6センチメートル以下の刃物
     性能や構造にもよりますが、正当な理由がなく隠して携帯した場合は違法となります。

    ・特殊警棒、メリケンサック、スタンガン、催涙スプレー等の護身具
     性能や構造にもよりますが、正当な理由がなく隠して携帯した場合は違法となります。


    お問い合わせ
    成田国際空港警察署 刑事生活安全課
    電話番号:0476-32-0110(代表)

    広報紙【防災ボランティア】

    防災ボランティア(PDF形式:281KB)

    10月は「電話de詐欺」被害防止強化月間です

    元気なちびっこ警察官からのお知らせです。

    「おじいちゃん、おばあちゃん、電話de詐欺にだまされないでね!」

     


    以下も併せてご覧ください。

    千葉県警察ホームページ「POLICE NET CHIBA」 電話de詐欺対策コーナー

    警察庁・SOS47 特殊詐欺対策ページ

    海外でのクロスボウの購入にご注意ください

    令和3年6月16日に銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律が公布され、改正法の施行日(注1)以降、都道府県公安委員会の許可なくクロスボウを所持できなくなりました。

    海外においてお土産としてクロスボウを購入した場合、帰国時、成田国際空港で当警察署長により仮領置されることとなり、都道府県公安委員会の許可を受けなければ国内で所持することができません。

    海外でクロスボウを購入する際は、許可の要否等について確認をお願いします。


    〇 クロスボウとは

    引いた弦を固定し、これを解放することによって矢を発射する機構を有する弓のうち、内閣府令(注2)で定めるところにより測定した矢の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令(注2)で定める値以上となるものをいい、ボウガンとも呼ばれています。
     



    注1 改正法の施行日は、公布の日から起算して9月を超えない範囲内において政令で定める日であり、現在、政令は制定されていません。
    注2 現在、内閣府令は制定されていません。

    盗撮は犯罪です

    夏を迎え、肌の露出が増える季節となりましたが、盗撮行為の発生が懸念されます。また女性アスリートを盗撮した犯人が逮捕されるなど、盗撮行為に対する社会的批判が高まっています。

    千葉県警察では令和2年7月に迷惑防止条例を改正し、盗撮行為に対する取り締まりを徹底しています。


    1 盗撮行為の明文化

    〇 人のスカート内にスマートフォンを差し入れるなどの差し入れ行為は処罰されます。

    〇 撮影する目的で小型カメラをトイレの個室内に置くなどの設置行為は処罰されます。

    〇 人の衣服を透かした状態を撮影することができる透視機器を利用した盗撮行為は処罰されます。

    2 盗撮の罰則強化

    〇 撮影行為の罰則が強化されています。


    空港内や電車・駅構内における盗撮行為はもちろん、事業所等の女子トイレに小型カメラを設置する行為も犯罪となります。盗撮は被害女性の心に深い傷を負わせる卑劣な犯罪です。絶対にやめましょう。

    女性警察官による対応も可能です。盗撮被害に遭われた方、被害を目撃した方はお近くの交番・警察署等にご相談ください。
     

    違法な「#個人間融資」「給与ファクタリング」にご注意ください

    新型コロナ感染症の影響を受け生活資金に困っている方を狙った、「#個人間融資」「給与ファクタリング」といった手法が出てきています。

    「#個人間融資」とは、SNSなどで個人間であることをうたってお金の貸し付けを行うものです。

    「給与ファクタリング」とは、個人の給与を買い取って金銭を交付し、給与支払日などに個人を通じて資金の回収を行うものです。

    どちらも貸金業法の「貸金業」に該当する場合があり、貸金業登録なくこうした営業を繰り返し行う者はヤミ金業者です。

    ヤミ金業者から貸付を受けると、年率換算で数百%もの利息を支払わされたり、家族や職場に対する執ような取り立てを受けるおそれがあります。絶対にヤミ金融業者を利用しないでください。

    生活資金に困ったときは、公的な貸付制度を利用するようにしましょう。


    「#個人間融資」「給与ファクタリング」について詳しくはコチラ(政府広報オンライン)

     

    資産状況を聞き出す電話de詐欺に注意

    令和3年2月末における電話de詐欺の認知件数は減少しているものの、被害金額は大幅に増加しており、依然として深刻な状況が続いています。

    近時、親族や警察官、金融機関職員を名乗って電話を架け、資産や現金の保有状況を聞き出す、電話de詐欺の手口が見られます。

    安易に答えることで、詐欺の被害に遭うだけでなく、空き巣や強盗の被害に発展するおそれもあります。

    電話でお金の話は詐欺!です。

     
    電話de詐欺は電話de対策!
    ~だましのプロである犯人と直接会話しないことが最大の防犯対策です!~
     
    • 家の固定電話は在宅中でも常時留守番電話にしましょう。
    •  
    • ・一人で判断しない。
    •  
    • ・振り込み(引き出し)をする前に必ず家族や警察に相談する。
     

    サイバーセキュリティ月間が実施されています

    政府は、令和3年2月1日から3月18日までの間を2021年「サイバーセキュリティ月間」に定め、広報啓発活動に取り組んでいます。インターネットを安全に利用するため、一人ひとりがセキュリティについての関心を高めましょう。

    最近、宅配業者や金融機関をかたり「不在のため、お荷物を持ち帰りました。ご確認ください。」「暗証番号が長期間変更されていません。パスワードを変更してください。」などのSMSを送り付け、記載されたリンク先に誘導する、フィッシング被害が増加しています。

    リンク先は一見して本物と変わらない銀行などの偽サイトであり、ID、パスワードや暗証番号の入力を求められ、盗まれてしまいます。

    《防犯対策》
    ・OSやソフトウェアは常に最新の状態にしましょう。
    ・ID、パスワードは人に教えたり、使い回したりしないようにしましょう。
    ・ウイルス対策ソフトを導入しましょう。
    ・リンクや添付ファイルを安易に開かないようにしましょう。

    内閣サイバーセキュリティセンター「ラブライブ!サンシャイン!!みんなで叶えるセキュリティ」特集ページはコチラ

    リンク先は公的機関であり、個人情報の入力や金銭の支払いを求められることはありません。

    ロマンス詐欺の相談が寄せられています。

    出会い系サイトで狙いを付けた被害者を、恋愛感情を装って誘惑した上、SNS等で連絡を取り合い、現金などを要求する手口の相談が寄せられています。

    犯人は外国人の写真を使ってSNSで被害者に接触し、恋愛感情を高ぶらせたのち、困った状況に陥っているなどと言って被害者の同情を買い、お金をだまし取っており、インターネット上では「国際ロマンス詐欺」などと呼ばれています。

    令和2年9月に入って、複数の詐欺事件の犯人が逮捕されたとの報道もされています。

    男性が女性に、あるいは女性が男性になりすましていた事件もあり、SNS等に掲載された写真は全くの別人です。


    <こんな手口は詐欺です>
    • SNSや音声通話でしか連絡を取ったことがなく、現実に相手と会ったことがない。
    •  
    • 知り合ってから間がなく、現実に会ったこともないのに、「愛している。」「あなたのいない人生は考えられない。」「結婚してほしい。」等と言う。
    •  
    • 「紛争に巻き込まれた。」「成田国際空港で現金や荷物を通関させるのに税金の支払いを求められている。」「重病にかかり治療費が必要である。」など様々な理由を付け、お金の振り込みを要求する。

    自動車盗が急増しています

    自動車盗は、令和2年6月中の1週間に県内で20件の被害が発生するなど、被害が急増しています。

    リレーアタックと言われる新たな手口も確認されており、レクサスやランドクルーザープラドなどの高級車が狙われています。

    【自動車盗について詳しくはコチラ】
    https://www.police.pref.chiba.jp/seisoka/safe-life_publicspace-vehicle_car_theft_00003.html

    いろいろな方法で防犯情報を受信できます。

     現在、当署では、街頭における防犯キャンペーン等、大規模な広報啓発活動を自粛していますが、ホームページやスマートフォンのアプリケーション等、様々な方法で防犯情報を発信しています。

     新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺やサイバー犯罪が日々新たに発生しています。インターネットを利用して最新の防犯情報を入手してください。

    <県警の防犯情報>

     ☆千葉県警察ホームページ「POLICE NET CHIBA」

     ☆メールマガジン「ちば安全・安心メール」(県警ホームページからの登録が必要です)

     ☆Twitter公式アカウント「千葉県警察」(@Chibakenkei)

     ☆Instagram公式アカウント「千葉県警察本部よくし隊レディ「あおぼーし」」(aobo_police)
         子供と女性の防犯情報を発信しています。

     ☆スマートフォンアプリケーション「YAHOO!防災速報」(iPhone版、Android版)

     

    新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法にご注意ください。

     千葉県内の個人宅に市役所職員を名乗り「コロナのことで調べている。」などと電話をかけ、個人情報を聞き出そうとする不審な電話が確認されています。

     また、大手通販サイトを装い「マスクを販売する。」旨のメールを送り付けて、偽のマスク販売サイトに誘導した上でクレジットカード情報等を盗み取るサイバー犯罪が発生しています。
     
    1. 犯人からの電話に出ないために、自宅の電話機は留守番電話設定にしましょう。
    2. SMSやメール内のリンク(URL等)に安易にアクセスしないようにしましょう。
    3. よく利用するサイトはブラウザのお気に入り(ブックマーク)からアクセスするようにしましょう。

     新型コロナウイルスに関連した不審な電話やメールを受けた場合は、最寄りの警察署に通報をお願いします。


     独立行政法人国民生活センターにおいても、全国の消費生活センター等に寄せられた、新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談事例を公表しています。詳しくは、同センターホームページ「新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!」を参照してください。
     

    放置駐車違反取締りガイドラインについて

    平成30年度第3回成田国際空港警察署協議会において放置駐車違反取締りガイドラインの改定はしないことで議題提起したところ、同協議会委員の承認を受けたため改定は行いません。
    引き続き重点路線において巡回、放置車両等の確認を実施します。

    犯罪被害者支援情報コーナー

    犯罪被害者支援情報コーナーはこちら

    空港を御利用される方へ

    「空港を御利用される方へ」はこちら

    空港警察署からの犯罪情報

    置引き・スリに注意!

    旅客ターミナルビルの出発階、到着階において、置引きやスリなどの盗難被害が発生しています。
     

    警察からのお願い

    警察からのお願い(PDF形式:1.1MB)

    事件や事故に遭われた方のための相談窓口について

    千葉県警察では、犯罪や交通事故の被害に遭った被害者やご遺族・ご家族に対し、次の相談窓口を設け、被害の相談や精神的な悩みなどの相談に応じています。

    相談サポートコーナー
    受付時間
    平日午前8時30分から午後5時15分まで
    電話番号
    電話番号 043-227-9110 プッシュ・携帯(#9110)

    千葉県警察官採用試験に関する案内

    男性警察官、女性警察官のイラスト

    毎年、次代を担う優秀な男性警察官、女性警察官の募集をおこなっています。

    警察官の仕事に意欲があって、是非なりたいと思う方はご連絡ください。

    募集担当の私が、警察官の仕事の内容、試験時期などについて随時説明しますのでよろしくお願いします。


    (連絡先)
    成田国際空港警察署警務課
    電話番号 0476-32-0110

    成田国際空港の歴史

    空港利用者の安全確保を第一に、署員全員による警戒の徹底を図るため、空港建設をめぐる歴史や、平行滑走路北側延伸や成田新高速鉄道といった現在の空港建設の状況について教養を推進しています。

    昭和53年3月26日管制塔占拠事件

    昭和53年3月26日管制塔占拠事件の写真1

    昭和53年3月25日横堀要塞撤去闘争警備

    昭和53年3月25日横堀要塞撤去闘争警備の写真1

    昭和53年3月26日管制塔占拠事件の写真2

    昭和53年3月25日横堀要塞撤去闘争警備の写真2

    自動体外式除細動器(AED)の設置について

    当署には、大切な命を救うため「自動体外式除細動器 (AED)」が設置されています。

    AEDは、けいれんした心臓を電気ショックで正常に戻す装置です。署員は使えるように講習を受けております。
     

     

お問い合わせ
成田国際空港警察署  電話番号:0476-32-0110 (代表)