自転車指導啓発重点地区・路線

県警では、各警察署の自転車事故の危険性が高い地区等を「自転車指導啓発重点地区・路線」に指定し、「ルール違反の自転車に対する警告・取締り」「自転車のルール・マナーの広報啓発」「自転車通行帯の整備」などの対策を重点的に実施します。(重点地区・路線以外でも対策を実施します。)

 



☆自転車のルールはこちら

自転車が関係する交通事故発生状況



〇時間帯別に見ると、朝夕の登下校・通勤時間帯に多く発生しています。


〇道路形状別に見ると、交差点や交差点付近で多く発生しています。

動画「危険な自転車運転」

ドライブレコーダーは見た!自転車の危険な運転
本動画の無断転載を禁じます

 

新入学期における高校生の自転車事故防止について

自転車事故の発生を年齢別に見ると、16歳と17歳が特に多く、また登下校時に多く発生しています。
自転車に乗るときはヘルメットを着用し、交通ルールを守りましょう。

高校生の自転車事故の特徴等について(PDF形式:98KB)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページへ外部サイトを新しいウィンドウで開きます

お問い合わせ
千葉県警察本部 交通総務課  電話番号:043-201-0110 (警察本部代表)